<   2010年 02月 ( 120 )   > この月の画像一覧

日立、連絡取りたい相手戻れば、在席情報を自動通知。(2010/2/24)
 日立製作所はオフィスの座席表示ソフトウエア「座席ナビ」=写真=で、連絡を取りたい相手が戻ってきたら在席情報を自動通知する機能などを持たせた改良版を、25日に発売する。フロア図だけでなく、組織の階層別に座席情報を一覧表示する機能も標準で備え、使い勝手を向上させた。

 改良版は離席していた人が戻り、座席にあるパソコンの操作でスクリーンセーバーが解除されれば、在席情報を自動通知する仕組み。従来は市販のソフトでフロア図を作製する必要があったが、改良版ではフロア図の作製ソフトを内蔵させた。

 社員ごとの固定席を設けていないフリーアドレスオフィスなどを対象に売り込む。価格は最大で1万人の座席情報を管理できるサーバー用のソフトが52万5000円で、50人分のIDを運用するための端末用ソフトが21万円・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経産業新聞]
[提供:日経テレコン21]

続きを読む(日経テレコン21)
by momotaro-sakura | 2010-02-27 12:31 | ブログ
爆発物「3秒以内に発見」、駅構内で探知装置実験、日立、空気中の成分調査。(2010/2/24)
 「爆発物を3秒以内に見つけます」――。日立製作所が開発した爆発物探知装置の実証試験が23日、東京・千代田のJR秋葉原駅で始まった。文部科学省のプロジェクトの一環で同社が2007年から開発、このほど完成した。

 装置を組み込んだ模型の改札機を駅構内に設置した=写真。乗客らが通る際、右側からセ氏40度前後の弱い温風が吹き出し、左側で吸い込む。吸い込んだ空気は外部の検出器に導かれ、爆発物の成分を調べる。入手が容易な材料で合成できる有機過酸化物の「手製爆薬」を見つけるために開発された。

 駅での実証試験は爆薬の発見が目的ではなく、装置の測定精度を高めるためのデータを収集する狙い。たとえば化粧品に含まれる化学物質をとらえて爆薬だと「誤報」するようなら改良が必要になる。2日間の試験で2000人のデ・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経産業新聞]
[提供:日経テレコン21]

続きを読む(日経テレコン21)
by momotaro-sakura | 2010-02-27 12:23 | ブログ
エコの原典・最近の「老子」人気を探ってみた

2010年2月27日

e0009760_12123488.jpg

中国4千年の思想は、山脈のように奥深い……。
なんだか老子が好きだという20~30代の人が増えている。カシハラの周りだけなのか? と思って、ある書店の店員さんに伺ったところ、「過去の名言集や思想集を新しく書き換えた本が人気ですね。難解に書かれていた解説が簡略化され、思想が読みやすく、わかりやすくなった上に、文字も大きくなったので一般の人でも読みやすくもなった」というお言葉が。
でもなんで今さら老子? 授業で習ったようなものがなぜ復活? なんだかモヤモヤしてきたので、周りの新しい老子ファンに、直接なんで好きなのかを聞いてみた。

すると新しいファンには2つの種類があるがことが判明!! 
一方は、風水占い派。有名な中国の富豪が老子をもとにした風水を広めていて、そこから老子を読むようになったというグループ。どちらかというと占いのような感覚で老子を読み始めたそう。宇宙と人生の根源的な不滅の真理を、老子の本でも説いていることから、その真髄を知るために老子ファンになったのだとか。好きなものは探求するファンならはですねぇ。

もう一方は、節約エコ派。老子が言っている「足るを知る」という思想が、節約やエコにつながるんだそうです。文化人類学者でもあり、環境啓蒙家の辻信一さんの『スローライフのために「しないこと」』という本の中にも、老子の思想がスローライフやエコに通じると書かれているのだとか。

いやぁ、紀元前から言われていたことを今さらのように新しく感じるのも時代なのでしょうか。「いろいろな教えやマニュアルを教える本が増えすぎていて、みんな同じに見えてしまう。それを上回るものをみんな探していて原点に戻って、行き着いたのが中国の思想家なのではないか?」というファンの声も。

それにしても人間の真髄が変わらないとしたら、なんのためにこの何千年はあったのでしょうかねぇ~。なんとなくむなしい気分に……う~ん。
(カシハラ@姐御)



e0009760_12152445.jpg


老子(ろうし、生没年不詳、紀元前5世紀頃)年齢は数百歳とも伝えられる。史記の記述を真実とするならば中国の春秋時代の思想家。姓は李。名は耳とされ、唐の皇帝から宗室の祖と仰がれた。『老子』(またの名を『老子道徳経』)を書いたとされるがその履歴については不明な部分が多く、実在が疑問視されることもある。

目次 [非表示]
1 伝記
2 書物としての『老子』
3 関連項目
4 外部リンク


伝記 [編集]
『史記』「老子韓非列伝」によると、老子は楚の国の苦県(現在の中国河南省鹿邑県)生まれで、姓は李、名は耳、字(あざな)は聃(タン、伯陽とする説もある)といった。孔子が礼について教えを乞うたことがあったが、老子は戒めて「古代の賢人は空言のみ残って、骨は朽ちている。君子など時流に乗れなければ、あちこち転々とするだけだ。そなたの驕気と多欲、もったいぶった様子とかたよった思考を取り去りなさい」と教えたという。孔子はその感想を「鳥や獣や魚など、様々な動物はそれぞれ捕らえる方法がある。しかし竜だけは、風雲に乗じて天に昇ってしまうため、捕らえようがない。老子もまた竜のような人物だといえようか。」と弟子に語った。

老子は周の王室の書庫の記録官だったが、後年周の衰えを見て立ち去った。このとき老子が通過した関所で、関守の尹喜の頼みを受けて書き残したのが『老子』上下巻5000余字であるという。上下巻の最初の一字「道」と「徳」を取って『道徳経』または『老子道徳経』とも呼ばれる。

また、『史記』では老莱子、太史儋という二人の人物も老子ではないかと記されている。

老子の思想は神秘主義から処世訓まで多岐にわたるが、その原理は万物の根本である道によって表される。 道とは、全ての存在を規定する原理であると同時に、それら全てを生み出した母なる存在でもある。道はあまりに広大で漠然としているので定義や解釈を超えているが、人為を廃し自然であることが道に通ずるとされる。このような態度を無為自然といい、老子はこれを処世から統治まで全てに適用すべきだと考えた。(但し、『老子』の本文には無為はあっても無為自然なる語は登場しない。)

『老子』は逆説を多用し、非体系的で随所に矛盾や飛躍が見られるため難解な部分も少なくないが、その深遠な思想は現代に至るまで影響を保ち続けている。

老子が西方(インド)の地で釈迦となり、仏教を興したという説(化胡説)は、道教が他説に対する優位を主張するための創作と考えられる。しかし仏教の「空」と道家思想の「道」には類似点があるため、仏典が漢訳される時道家思想の用語が訳語にあてられたり、道教の教団化にあたって仏教の教団組織が参考されたりするなど、仏教と道家思想は互いに影響しあっている。

老子の思想が道教に発展すると、老子は道教の祖として崇められるようになり、神格化されて唐のころに道教の最高神である三清の一柱、太上老君となった。『史記』に伝えられた老子の姓が李であることから、唐朝帝室の李氏は祖先を老子に求めたので、老子は聖祖大道玄元皇帝とおくり名され、ますます尊崇を受けた。

書物としての『老子』 [編集]
詳細は「老子道徳経」を参照

1973年、馬王堆漢墓(第三号墓)から前漢初期の『老子』写本が二種類発見され、1993年には、郭店一号墓から楚(戦国時代 (中国))後期の『老子』写本(の一部分)が発見された。これらにはいずれも『老子』という書名は付されていなかった。 前漢文帝時代以前とされる馬王堆本『老子』はほぼ現行本と同じ内容であり、このころに『老子』は完成したと考えられる。ただし、現行本の下篇(徳経)が前、上篇(道経)が後になっている。史記の記述から、『老子』が老子の著作とされたのは、前漢初期より以降武帝時代以前であったと考えられる。注釈としては、魏の王弼(ACE226-249)の「老子注」が最古で、かつ最も普及している。

大自然との闘い・治水が古代(神話上は禹の時代から始まるとされる)から政治課題だった黄河文明に対して、自然の法則(道)と一体化することにより、いわば風向きをうけとめ大きな作用を生もうとする精神は、長江文明の風土を感じさせる。 近年『老子』のテキストが発見された馬王堆漢墓・荊門郭店楚墓はいずれも長江流域である。

「自然を観察すると、生命は循環しており、何か不足すれば、余っているところから補われて全体のバランスをとっている。ところが人間社会の制度は正反対をやっている。欠乏している百姓から高い税を取り上げ、すでにあり余っている君主に差し上げる。どこかの君主がその財力で、天下万民のために貢献してくれたら、有道の君主といえるだろう(天之道、損有餘而益不足、人之道則不然、損不足以奉有餘、孰能有餘以取奉於天者、唯有道者乎)」(馬王堆前漢墓帛書『老子』)

過去の文献を基礎とする儒学に対し、目の前に働いている大自然の摂理を見極め、これに逆行する不自然な発想をとりのぞき、政治も軍事も福祉をも抜本的に改善しようとする遠大な理想、聖人の治世が『老子』の主張であった。 また馬王堆漢墓から発見された帛書『黄帝四経』も同じ立場の思想が語られ、『史記』に記された「黄帝・老子(黄老)の学」の内容が改めて明らかになった。

by momotaro-sakura | 2010-02-27 12:11
e0009760_1743135.jpg
 




梅の開花状況(H22.02.23) 平成22年2月23日現在の開花状況は、およそ3分咲きです。

 早咲きの品種は、見頃になっています。


e0009760_1792286.jpg

水戸藩の藩校として第9代藩主 徳川斉昭公により天保12年(1841年)8月に創設されました。藩士に文武両道の修練をつませようと武芸一般はもとより、医学・薬学・天文学・蘭学など幅広い学問をとり入れた、いわば総合大学というべきものでありました。安政4年(1857年)には鹿島神社と孔子廟(こうしびょう)を祀って弘道館の本開館式を行いました。当時の藩校としては国内最大規模のものでした。
第15代の将軍となった徳川慶喜公も、父斉昭公の厳しい教育方針で5歳の時から弘道館において英才教育を受けました。慶応3年(1867年)の大政奉還の後、謹慎した至善堂(しぜんどう)が今も残っています。
弘道館は国の特別史跡になっており正庁・至善堂・正門の3ケ所は重要文化財に指定されています。敷地には、梅が60種800本が植えられており、梅の名所となっております。

e0009760_1643446.jpg

マップ
http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kodokan04_map.html
e0009760_1647149.jpg

本日は雪景色になりました。(H22.02.02) 前夜からの雪によって、本日の弘道館は雪景色となりました。


 水戸市内の積雪は1cmほどとわずかでしたが、うっすらと雪化粧をほどこされた弘道館が現れて、普段とはまた趣の異なった弘道館を見ることができました。


 写真は、至善堂と展示資料室の脇にある古井戸の風景です。(H22.02.02早朝に撮影)

e0009760_1654508.jpg


「水戸の梅まつり」期間中は弘道館でも様々なイベントが予定されています。(H22.02.21) 「水戸の梅まつり」期間中の土曜日、日曜日、祝日は弘道館の正門を特別に開放して、通り抜けができるようになっています。


 写真は、正門を開放した様子です。


 また、「水戸の梅まつり」期間中に弘道館で予定されているイベントは次のとおりです。


 ●弘道館正門特別開放
   2月20日(土),21日(日),27日(土),28日(日)
   3月6日(土),7日(日),13日(土),14日(日),20日(土),21日(日),22日(月),27日(土),28日(日)

 ●関連イベント

   3月6日(土)  10時~12時            武道演武
            14時~14時30分         少年空手演武

   3月7日(日)  10時~15時            拓本体験
            10時30分~11時30分      田谷の棒術
            13時~14時            吟詠
            14時~15時            琵琶演奏

   3月13日(土)  13時30分~15時30分      公開講座
               ①「天保版・弘道館入学希望者へのオリエンテーション」
               ②「他藩士の水戸遊学」-吉田松陰『送赤川淡水遊学常陸序』

   3月14日(日)  13時~15時            琴・尺八演奏

   ※屋外の演目は、小雨決行、荒天中止となります。

 ●正門のライトアップ
   2月20日(土)~3月31日(水)  18時~21時まで
by momotaro-sakura | 2010-02-26 16:43

偕楽園好文亭ーその2

偕楽園好文亭ーその2
e0009760_14463828.jpg
e0009760_14472678.jpg
e0009760_14483791.jpg
e0009760_144927.jpg
e0009760_14494736.jpg
e0009760_14502625.jpg
e0009760_14504996.jpg
e0009760_1451124.jpg
e0009760_14512861.jpg
e0009760_14521324.jpg
e0009760_14523829.jpg
e0009760_14531199.jpg
e0009760_1453396.jpg
e0009760_14543698.jpg

e0009760_15262248.jpg

e0009760_1455139.jpg
e0009760_14552568.jpg
e0009760_14555394.jpg
e0009760_14562770.jpg
e0009760_1457413.jpg
e0009760_14575036.jpg
e0009760_14584177.jpg
e0009760_1459922.jpg

e0009760_1511789.jpg
e0009760_1514351.jpg
e0009760_152621.jpg
e0009760_1522412.jpg
e0009760_1525877.jpg
e0009760_153297.jpg
e0009760_154985.jpg
e0009760_1552769.jpg
e0009760_156064.jpg
e0009760_1565191.jpg
e0009760_1575073.jpg
e0009760_1581546.jpg
e0009760_1585516.jpg
e0009760_1593640.jpg
e0009760_1510593.jpg
e0009760_15103616.jpg
e0009760_15111594.jpg
e0009760_15115654.jpg
e0009760_15121918.jpg
e0009760_15125043.jpg
e0009760_151356100.jpg
e0009760_1514247.jpg
e0009760_15145296.jpg
e0009760_15152124.jpg
e0009760_1516627.jpg
e0009760_15171014.jpg
e0009760_15173870.jpg
e0009760_151869.jpg
e0009760_15183936.jpg
e0009760_15191320.jpg
e0009760_15194683.jpg
e0009760_15201548.jpg
e0009760_15204096.jpg
e0009760_15211651.jpg
e0009760_15214153.jpg
e0009760_1522487.jpg
e0009760_15231551.jpg

by momotaro-sakura | 2010-02-26 14:59
2010年2月26日 13時54分 ( 2010年2月26日 14時02分更新 )
<五輪フィギュア>浅田が銀メダル、安藤5位 ヨナ優勝
 【バンクーバー来住哲司】バンクーバー冬季五輪第14日の25日(日本時間26日)、フィギュアスケート女子のフリーが行われ、浅田真央(19)=中京大=が合計205.50点で銀メダルを獲得した。浅田は五輪ショートプログラム(SP)史上初のトリプルアクセルで2位につけていたが、フリーでは2度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功したものの、3回転ジャンプが乱れた。SPで首位に立った金妍児(キムヨナ)(19)=韓国=は歴代女子世界最高得点の228.56点で金メダルを手にした。

 SP3位のジョアニー・ロシェット(24)=カナダ=は202.64点で3位、同4位の安藤美姫(22)=トヨタ自動車=は188.86点で5位、同11位の鈴木明子(24)=邦和スポーツランド=は181.44点で8位だった。

 今大会の日本勢のメダルは、スピードスケート男子五百メートル2位の長島圭一郎(27)、3位の加藤条治(25)=ともに日本電産サンキョー、フィギュアスケート男子3位の高橋大輔(23)=関大大学院=に続いて4個目。日本女子フィギュアでは92年アルベールビル五輪で伊藤みどりが銀メダル、06年トリノ五輪で荒川静香が金メダルを獲得したのに続いて3個目となった。

by momotaro-sakura | 2010-02-26 14:19

偕楽園好文亭

e0009760_1353879.jpg
e0009760_13533125.jpg
e0009760_13554063.jpg
e0009760_1356221.jpg
e0009760_13562919.jpg
e0009760_13565689.jpg
e0009760_13571416.jpg
e0009760_13573110.jpg
e0009760_13575291.jpg
e0009760_13583466.jpg
e0009760_13591185.jpg
e0009760_13594327.jpg
e0009760_1404644.jpg
e0009760_1412015.jpg
e0009760_1415075.jpg
e0009760_1421884.jpg
e0009760_1423458.jpg
e0009760_1431157.jpg

e0009760_14215618.jpg
e0009760_14225221.jpg
e0009760_14231371.jpg
e0009760_14234362.jpg
e0009760_14242479.jpg
e0009760_1425374.jpg
e0009760_14254430.jpg
e0009760_14264853.jpg
e0009760_1427285.jpg
e0009760_1428024.jpg
e0009760_14283697.jpg
e0009760_14285919.jpg
e0009760_14292353.jpg
e0009760_14295174.jpg
e0009760_14302479.jpg
e0009760_1431173.jpg
e0009760_14314954.jpg
e0009760_1436616.jpg
e0009760_1436317.jpg
e0009760_1437699.jpg
e0009760_14374810.jpg
e0009760_14381750.jpg
e0009760_14384666.jpg
e0009760_14391839.jpg
e0009760_14394590.jpg
e0009760_1440620.jpg
e0009760_14402795.jpg
e0009760_14405320.jpg
e0009760_14413588.jpg
e0009760_14423330.jpg
e0009760_1443960.jpg

by momotaro-sakura | 2010-02-26 14:04

千波湖の水鳥

e0009760_13334878.jpg
e0009760_13342571.jpg
e0009760_1335054.jpg
e0009760_13352482.jpg
e0009760_13354082.jpg
e0009760_1336284.jpg
e0009760_13362490.jpg
e0009760_13372283.jpg
e0009760_13373896.jpg
e0009760_13375774.jpg
e0009760_13381546.jpg
e0009760_1338383.jpg
e0009760_13385864.jpg
e0009760_13392259.jpg
e0009760_1339461.jpg
e0009760_1340269.jpg
e0009760_13401320.jpg
e0009760_13403096.jpg
e0009760_13405480.jpg
e0009760_1341978.jpg
e0009760_13424016.jpg


e0009760_13465412.jpg
e0009760_13475197.jpg

by momotaro-sakura | 2010-02-26 13:41
e0009760_12484140.jpg
e0009760_1249562.jpg
e0009760_12493155.jpg
e0009760_1250419.jpg
e0009760_12513373.jpg
e0009760_12521653.jpg

e0009760_1254688.jpg
e0009760_12543774.jpg
e0009760_1255210.jpg
e0009760_12553175.jpg
e0009760_1256469.jpg
e0009760_12562918.jpg
e0009760_125769.jpg
e0009760_12573272.jpg
e0009760_12574789.jpg
e0009760_12581299.jpg
e0009760_1259062.jpg
e0009760_1304919.jpg
e0009760_1311196.jpg
e0009760_1314086.jpg
e0009760_132322.jpg
e0009760_1331623.jpg
e0009760_1333892.jpg

e0009760_13131976.jpg

e0009760_1351390.jpg
e0009760_1354381.jpg
e0009760_136450.jpg

e0009760_1373575.jpg

e0009760_1382248.jpg

e0009760_1384931.jpg
e0009760_1393652.jpg
e0009760_1395499.jpg
e0009760_13102073.jpg
e0009760_13104331.jpg
e0009760_1311854.jpg
e0009760_13113383.jpg

by momotaro-sakura | 2010-02-26 12:52
e0009760_10551735.jpg
e0009760_10553447.jpg
e0009760_10555435.jpg
e0009760_10561399.jpg
e0009760_10564396.jpg

700~800年経っているとのこと。
e0009760_1058098.jpg

e0009760_10595488.jpg
e0009760_110194.jpg
e0009760_1105869.jpg
e0009760_1112916.jpg
e0009760_112869.jpg
e0009760_1122499.jpg
e0009760_1125346.jpg
e0009760_1132899.jpg
e0009760_1135170.jpg
e0009760_1141922.jpg
e0009760_115026.jpg
e0009760_1152518.jpg
e0009760_1154729.jpg
e0009760_116974.jpg
e0009760_1164996.jpg
e0009760_1171582.jpg
e0009760_1175220.jpg
e0009760_1182096.jpg
e0009760_1185550.jpg
e0009760_1193375.jpg
e0009760_1195525.jpg
e0009760_11102017.jpg
e0009760_11114358.jpg
e0009760_11122386.jpg
e0009760_11125826.jpg
e0009760_11132812.jpg

by momotaro-sakura | 2010-02-26 10:56