<   2011年 08月 ( 95 )   > この月の画像一覧

野田新首相 組閣人事本格化へ
8月31日 4時31分
野田新総理大臣は、民主党の役員人事で、輿石参議院議員会長を幹事長に起用するなど骨格を内定したのを受けて、来月2日にも新内閣を発足させたいとしており、閣僚人事の調整を本格化させることにしています。

野田新総理大臣は、30日午後、衆・参両院の本会議で、第95代の総理大臣に選出されたあと、民主党の幹事長など役員人事の調整を行いました。そして党運営の要の幹事長には、小沢元代表や鳩山前総理大臣とも近い輿石参議院議員会長を起用し、輿石氏は、結党以来初めての参議院側からの幹事長就任となりました。また、政策調査会長には、先の代表選挙で争った前原前外務大臣を、国会対策委員長には平野元官房長官を、さらに輿石幹事長を補佐する幹事長代理には、樽床元国会対策委員長を起用することを内定し、31日に開く両院議員総会で正式に決めることにしています。野田新総理大臣は、30日夜、記者団に対し「党を挙げての体制を作って、本当に国民のためにしゃにむに働く政治を実現をしていくねらいから決めた人事だ」と述べました。役員人事の骨格を内定したのを受けて、野田新総理大臣は、来月2日にも新内閣を発足させたいとしています。野田新総理大臣は、これまでに組閣の方針について、挙党態勢を重視したうえで、歳出の削減や特別会計の見直しなどの行政改革を進めるために、行政刷新担当の専任の大臣を置く考えを示しています。また、震災からの復旧・復興や原発事故の収束、それに円高・デフレ対策など喫緊の課題に迅速に取り組む体制を作りたいという考えを示しており、今後、閣僚人事の調整を本格化させることにしています。
NHKニュースWEB




幹事長輿石氏、政調会長は前原氏 野田新首相が民主役員人事

2011年8月30日 17時04分
(2011年8月31日 01時34分 更新) 共同ニュース

 民主党の役員人事について記者の質問に答える野田新首相=30日夜、東京・永田町の党本部

 野田佳彦新首相は30日、民主党役員人事で幹事長に輿石東参院議員会長(75)、政調会長には代表選を競った前原誠司前外相(49)、国対委員長に平野博文元官房長官(62)の起用を決めた。幹事長代理に樽床伸二元国対委員長(52)が就く。輿石氏は小沢一郎元代表に、平野氏は鳩山由紀夫前首相に近く、挙党態勢の構築を重視した。参院議員の幹事長就任は結党以来初めてとなる。



------------------------------------------------------------------


内閣の要である官房長官には、自らに近い岡田克也幹事長か藤村修幹事長代理を充てる方向で最終調整に入っている。
by momotaro-sakura | 2011-08-31 05:18
日経ニュース

東芝・日立・ソニー、中小型液晶パネル事業統合で合意
公開日時2011/8/30 11:08

 東芝、日立製作所、ソニーの3社は、スマートフォン(高機能携帯電話スマホ)などに使われる中小型液晶パネル事業を統合することで基本合意した。年内にも新設する統合会社には官民ファンドの産業革新機構が約7割を出資し、統合後の世界シェアは20%強と首位に浮上する。革新機構主導でグローバル展開を加速させ、競合する韓国サムスン電子などに対抗する構えだ。

 3社と革新機構は6月末から液晶パネル事業の統合交渉を本格化し、統合新会社を年内にも設立することで基本合意した。31日に発表する。新会社には革新機構が約7割を、3社がそれぞれ1割を出資する。革新機構の出資額は2000億円規模となる見通し。
 新会社は革新機構の出資金を活用し、国内に新ラインを建設。高精細といったパネル性能やコスト競争力を高めて、急拡大するスマホ向けなどの世界需要を取り込む考えだ。新会社の世界シェア(2010年)は合計で21.5%となり、シャープ(14.8%)や韓国サムスン電子(11.9%)を抜いて首位となる

by momotaro-sakura | 2011-08-30 15:56

第95代首相に野田氏 新内閣2日にも発足



 民主党の野田佳彦新代表(54)は30日午後、衆参両院本会議での首相指名選挙で菅直人首相の後継となる第95代、62人目の首相に選出された。新内閣は9月2日にも発足する見通しだ。国民新党との連立を継続し、当面は東日本大震災からの本格復興に向けた2011年度第3次補正予算案の成立や、東京電力福島第1原発事故の収束に全力を挙げる。

 参院で野党が多数を占める「ねじれ国会」に伴う国政停滞の打開に向けて、自民、公明両党との協調態勢を築けるかが課題となる。菅内閣は午前の閣議で総辞職した。

 9月11日には首相就任後初の大型選挙となる岩手県知事選が投開票される。


2011/08/30 14:14 【共同通信】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野田氏を首相指名 幹事長は川端氏有力 両院本会議
2011.8.30 14:20 産経ニュース


衆院本会議の首相指名選挙で選出され一礼する民主党の野田佳彦代表=30日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)
 民主党の野田佳彦新代表(54)は30日午後、両院本会議での首相指名選挙で菅直人首相の後継となる第95代、62人目の首相に選出された。新内閣は9月2日にも発足する見通し。野田氏は同日午前も党役員と閣僚人事の調整を続けており、幹事長には川端達夫衆院議院運営委員長が有力視されている。

 焦点となっている幹事長など党役員人事について、野田氏は30日午前の財務相としての記者会見で「頭の整理ができた。幹事長などの骨格を本日決めたい」と述べ、30日中に骨格を決める意向を表明。組閣に関しては「急がなければならないが、拙速にならないようにしたい」と語った。

 閣僚を兼務している党政調会長について「兼務しないほうがいい」と指摘。事実上、政府の政策決定を追認するだけの政策調査会に、政策決定に関する権限を持たせる考えも示した。

 党役員、閣僚人事については、党内融和の観点から代表選で海江田万里経済産業相を支持した小沢一郎元代表系の議員も処遇する方針。野田氏は30日午前、小沢氏に近い輿石東参院議員会長と会談し、協力を要請した。野田氏の選対顧問を務めた岡田克也幹事長は重要閣僚として起用される見通しだ。

 野田氏は、国民新党の亀井静香代表とも国会内で会談して連立継続を確認。組閣に先立ち、自民、公明両党など野党に政策協議を呼びかける方針。当面は自公両党との協調路線を掲げ、東日本大震災からの本格復興に向けた平成23年度第3次補正予算案の早期編成と成立に全力を挙げる。

 一方、自民、公明両党の幹事長、国対委員長は30日朝、都内のホテルで会談し、次期臨時国会を9月9日に召集すべきだとの認識で一致した。野田氏は来月12日の召集を検討している。

by momotaro-sakura | 2011-08-30 15:47

日本問題専門家が語る、「誰も知らない1.8個分の日本」―中国紙

2011年8月30日 07時33分

28日、中国商務部研究院の日本問題専門家、唐淳風氏の寄稿記事「誰も知らない『1.8個分の日本』」が中国紙に掲載された。
(Record China)


菅直人首相の在任中、日本は経済面で大変な状況に見舞われたものの、首相は経済が原因で退陣するのではない。確かに、震災や日本国債の格下げなどは菅政権にある程度の打撃を与えた。これにより、日本の「失われた20年」を連想する人も少なくないと思う。日本経済は20年間、成長が止まり低迷しているというものだが、実はこれは全くの誤解である。根本から言えば、日本経済には「失われた20年」は存在しない。1985年のプラザ合意後、円は2.4倍も切り上がり、大量の資金が株や不動産、土地取引に流れ込んだ。そして、政府の支持と指導の下、これらの資金は国内から海外へと移動していったのである。日本は1987年末、国内の株や不動産取引への融資を取りやめたが、海外では無利息で融資を続けた。

その結果、この20年、日本の海外における経済力は国内の1.8倍にも膨れ上がった。海外資産は40倍、海外純資産は60倍も増加。世界中のすべての市場、業界で日本マネーを見ることができる。こうした状況の下、日本国内の経済成長も緩慢ではあるが、20年間ほとんどマイナス成長が見られなかった。これだけですでに奇跡だといえる。

この20年は日本にとって「失われた20年」ではなかったのだ。むしろ、「海外で高度成長を遂げた20年」といって良い。巷では良く、「日本は海外に『1.8個分の日本』を持っている」という例えが用いられる。海外にそれだけの資産を持っているという意味だ。それに、日本は世界最大の債権国。世界の95パーセントの債権を日本が握っている。

今回、日本国債が格下げになったが、日本の経済成長に具体的な影響は現れていない。世界最大の債権国が国債を返済する能力がないなんて、全くのナンセンスである。「1.8個分の日本」と言われるだけあり、日本には長年積み上げてきた財産がある。これは日本のグローバル化戦略にとってかなり有利なこと。決して軽く見てはならない。

経済のグローバル化で本当に得をするのは日本だ。多くの国がグローバル化の波を感じ始めたばかりなのに対し、日本はすでにその準備が整っているのである。
(翻訳・編集/NN)

by momotaro-sakura | 2011-08-30 12:57 | ブログ
ANNニュース
野田新代表にとって絶対に失敗が許されないのが、幹事長ポストと閣僚人事です。小沢グループをはじめ、反主流派との融和をどう図るのでしょうか。

 (政治部・千々岩森生記者報告)
 野田新代表は、30日午後から党執行部人事に着手します。その後、閣僚人事に移り、組閣は来月1日ごろとみられています。
 民主党・野田新代表:「党内人事についてはかなり頭の整理ができましたので、きょうの午後あたりからいろいろと着手していきたい。組閣については、その後、それぞれ急がないといけないとは思いますが、しっかりタメを作って拙速にならないようにしたい」
 焦点の幹事長ですが、小沢元代表に近い参議院の輿石会長が有力で、川端元文部科学大臣を推す声もあります。小沢グループからも「川端さんなら良い」との声が出ています。また、国対委員長には、野田氏側近の藤村幹事長代理の名前が出ているほか、岡田幹事長や玄葉政調会長を財務大臣など重要閣僚で処遇する案も浮上しています。頭を低くし、野党に協力を求める姿勢の見える執行部人事となりそうです

by momotaro-sakura | 2011-08-30 12:52
野田新首相指名へ=政調会長は専任-党役員人事、午後に着手

 民主党の野田佳彦代表(54)は30日午後、衆参両院本会議での首相指名選挙を経て、第95代、62人目の首相に選出される。野田氏は幹事長など党役員と閣僚人事の調整を続行。党執行部の布陣については同日午後にも決める考えだ。一方、政権運営の安定を目指し、組閣に先立って自民、公明両党など野党に政策協議を呼び掛ける方針。民主党幹部は、新内閣発足について9月2日が有力との見通しを示した。
 野田氏は30日午前の閣議後の記者会見で「代表選を通じて訴えたことを着実に党を挙げて実行したい」と述べ、挙党態勢に配慮する考えを重ねて強調。「党内人事はかなり頭の整理ができた。午後あたりからいろいろ着手したい」と語った。また、菅政権で党政調会長が閣僚を兼務していたことに関し「分けた方がいい」と、見直す考えを明らかにした。 
 衆院は午後1時から本会議を開き、民主、国民新両党の多数が支持する野田氏を新首相に指名。続いて参院も同1時半からの本会議で首相指名選挙を行うが、1回目の投票で過半数を獲得する候補は出ず、野田氏と自民党の谷垣禎一総裁による決選投票に持ち込まれる見込み。自民党を除く野党各党は無効扱いとなる白票で臨む方針で、与党の多数により野田氏が指名される見通しだ。 首相指名選挙に先立ち、野田氏は30日午前、国会内で国民新党の亀井静香代表と会談。両氏は次期臨時国会で郵政改革法案の成立を期すことで一致し、連立政権維持を確認した。
 党役員・閣僚人事では、菅政権中枢から排除されていた小沢一郎元代表に近い議員をどう処遇するかが焦点。幹事長には小沢氏に近い輿石東参院議員会長らが浮上する一方、「脱小沢」路線を主導した岡田克也幹事長を、内閣の要である官房長官などの要職で処遇する案も検討されている。

(2011/08/30-11:48)時事ドットコム
by momotaro-sakura | 2011-08-30 12:12
菅内閣が総辞職=在任期間、戦後19番目

 菅内閣は30日午前の閣議で総辞職した。菅直人首相の在任期間は同日現在では449日で、戦後の歴代首相32人の中で19番目。安倍晋三元首相から4人続いた「短命首相」の在職日数は上回ったものの、政策面で目立った実績を上げられないまま、政権の幕を降ろす。 
 30日午後には、民主党の野田佳彦代表が衆参両院本会議で新首相に指名される。ただ、野田氏は組閣を今週後半以降に先送りする考えで、同氏が皇居での首相親任式を終えるまでは、憲法71条に基づき菅内閣が「職務執行内閣」として続くことになる。総辞職の閣議で首相は「新内閣が発足するまでは現内閣が危機管理の責任を負う。事務方とも連絡を取り対応に万全を期してほしい」と指示した。
 菅内閣は、鳩山由紀夫前首相の退陣を受け、昨年6月8日に発足。直後の参院選で惨敗し、衆参の多数派が異なる「ねじれ国会」となったため、厳しい政権運営を強いられた。打ち出す政策は調整不足で行き詰まり、民主党内では、「政治とカネ」の問題を抱える小沢一郎元代表の処分に踏み切った結果、党内対立が激化した。
 今年3月の東日本大震災発生以降は、震災や東京電力福島第1原発事故の対応に追われた。野党が6月に提出した内閣不信任決議案の採決で、首相は民主党内の造反を封じるため「退陣表明」したが、その後も「居座り」を続け、深刻な政治空白を招いた。
(2011/08/30-11:32)時事ドットコム



菅氏は日本政治の犠牲者、首相退陣は能力の問題ではない―SP華字紙

2011年8月30日 05時08分





29日、シンガポール華字紙は「菅直人氏が退陣したのは能力の問題ではない」と題した記事を掲載した。(Record China)
以下はその内容。

菅氏は在任中、「能力が低い」「権力に執着している」とさんざんな言われようだったが、退陣表明の際に「やるべきことはやった」と言い切った時、真摯で誠実な人物に感じた。菅政権が歩んできたこの1年3カ月を振り返ると、本当に大変だったと思う。

特にこの3カ月、「なかなか辞めない」と皮肉られながらも「退陣3条件」を掲げ、内閣が崩壊寸前という悪条件の下、「平成23年度第2次補正予算案」「特例公債法案」「再生エネルギー特別措置法案」を成立させた。

震災復興や原発依存からの脱却など、後任が仕事をやりやすい環境を整えた形。それはまるで大義のために自らを犠牲にしたかのような潔さだ。わずか数万円の政治献金問題で逃げ出した閣僚や、寝ても覚めても頭の中は権謀術数ばかりの老練政治家より、菅氏の去り際の方がよほど清々しい。

菅氏の退陣は能力の問題ではない。昨年6月4日、鳩山由紀夫氏から首相の座を引き継いだ時は6割を超える支持率を誇っていた。多くの人が民主党の希望と日本の未来を彼に託したのだ。だが、良い時は長く続かなかった。菅氏は消費税引き上げを頑なに主張し、民意を喪失。さらに、党の大物である小沢一郎氏の政治資金スキャンダルにより内閣改造を余儀なくされた。

その後の参議院選挙で民主党は敗北。「ねじれ国会」が生まれ、菅内閣はどんどん窮地に追い込まれた。東日本大震災は起死回生のチャンスだったが、党内抗争は一向に止まず、足の引っ張り合いが続いた。このような環境では首相がどんなに能力があっても、それを発揮するのは至難の業だ。

菅氏は日本政治の新たな犠牲者にすぎない。犠牲者は彼が最初ではないし、最後にもならないだろう。日本は長い間、議会民主制をとってきた。首相は直接選挙ではなく、衆議院選挙で勝った政党から推薦される。首相、衆議院、参議院という複雑さが、政治を権力闘争の場にする元凶ではないのか。

安倍晋三氏から菅氏まですでに5人の首相が「ねじれ国会」にやられている。政権交代という歴史的な快挙を果たしても、こうした政治生態は変わっていない。首相短命の原因はこうした制度にあるのではないか。日本は5年間で6人目の首相が間もなく誕生する。だが、議会民主制と現行の選挙制度を根本から改革しない限り、今度の内閣も短命という不運から逃れられないだろう。

by momotaro-sakura | 2011-08-30 11:55
新代表に野田氏 増税ラッシュ?

2011年8月30日 07時11分東京新聞



 民主党代表選で野田佳彦財務相が勝利し、新首相に就任することが決まった。野田氏は、定期点検などで止めた既存原発は再稼働を認め、極度の電力不足を避ける方針だ。代表選では徐々にトーンを落としたが、財政再建重視なのは間違いない。震災復興や社会保障の対応で増税に踏み切るのは確実とみられ、国民は新たな負担を強いられそうだ。 (荒間一弘)

■原発再稼働に意欲

 原発政策について野田氏は「新たな原発は造れない。寿命が来たものは廃炉にしていく」と明言。廃炉までの間に新エネルギーを普及させ、併せて省エネ社会を構築していくことを訴えた。

 既存原発は安全性を点検のうえ、再稼働を認める。「来年の夏も電力が足りないとなったら経済が持たない。産業空洞化も進む」と、経済活動に配慮するためだ。


 再稼働を認めなければ、現在営業運転中の十三基のうち、八月に再開した北海道電力泊原発3号機以外は来年三月までに定期検査で止まる。国民は、より厳しい節電に取り組まざるを得ない可能性がある。

 立地自治体が反対する場合は、「国が責任を持って現場に行き、了解を得る」とし、再稼働に対する思いは強い。

■消費税も所得税も

 復興財源について野田氏は二十九日の演説で「議員定数や公務員人件費削減に取り組み、それでも財源が足りなければ国民にお願いするかもしれない」と述べた。「財務省推薦候補」などと言われ、「増税ありき」とみられるのを避けるため、代表選では、日に日に「行革」や「無駄削減」を強調した。

 しかし、復興債は、十兆円規模の時限的な所得税や法人税などの引き上げで償還することが政府方針。二十九日も、「政府税制調査会の作業部会が複数の選択肢を出してくるのを待ちたい」と述べ、考えに変わりがないことを示した。代表選で、社会保障と税の一体改革で消費税を10%程度に引き上げるのは政府・与党の決定と何度も強調した

 ただ、菅直人首相の消費税発言で昨年の参院選で惨敗して以来、民主党に「増税アレルギー」は強い。あらためて、党内の説得から始めなければならない。

■円高対策は期待薄

 歴史的な円高について野田氏は「必要なら断固たる措置を取る」と強調、繰り返し為替介入に踏み切る方針を強調している。震災復興が中心となる第三次補正予算にも企業の国内拠点の立地補助や、中小企業の金融支援などの円高・空洞化対策を盛り込むことを約束した。

 しかし、施策としては新味に欠けるうえ、力点は復興に置かざるを得ず、効果は限定的になりそうだ。

 二十四日には一千億ドル(約七兆六千億円)の基金を設置し、日本企業による海外企業の合併・買収(M&A)を支援する対策を発表したが「即効性がない」と批判され、実際、円高は止まっていない。

 市場は二の手、三の手を催促しており、野田新首相は難しい対応を迫られる。

(東京新聞)
by momotaro-sakura | 2011-08-30 09:46

今日の朝顔  8・30

e0009760_9151385.jpg
e0009760_9152194.jpg
e0009760_9153042.jpg
e0009760_915381.jpg
e0009760_9154686.jpg
e0009760_9155572.jpg
e0009760_916313.jpg


2011/8/29 13:45.
金魚になれないどじょう、野田財務相の戦い.
Japan Real Time

野田佳彦財務相は闇を知っている。普段は無口な印象の野田氏だが、民主党代表選の候補者演説では自らが政界入りするまでの険しい道のりを雄弁に語った。


野田佳彦財務相その思いは、「どじょうはどじょうの持ち味があります。金魚にはなれません」という言葉に凝縮されている。野田氏は自らを、泥臭いどじょうにたとえたのだ。

野田氏は、持ち時間の大半を使って現在の地位に至るまでの険しい道のりを説明。自分は千葉県の貧しい農家の家系に生まれたため、「ルックスはこの通り」と、都会派には見えない理由を語った。1963年のジョン・F・ケネディ大統領暗殺を嘆く米国を白黒テレビで見たことが、政治家を目指すきっかけになったという。

当選までの道のりは長かったという。来る日も来る日も同じ場所でときには13時間にわたり街頭演説したが、その選挙では落選。千葉県議会議員に初当選を果たしたのは1987年だった。衆議院には93年に初めて当選したが、所属していた日本新党が解党するという憂き目にあった。

ただし、暗い話だけでは終わらなかった。野田氏はアサガオの例も出した。夜の冷たい暗さを経験したものだけが、翌朝にアサガオが咲いたときにその美しさを完全に理解し愛でることができるという。


原文
By Yoree Koh
Yoshihiko Noda knows gloom. As the finance minster soberly delivered his final remarks to win votes from ruling Democratic Party of Japan lawmakers to become party’s next president, his speech was heavy.


Reuters
Finance Minister Yoshihiko Noda delivers his policy speech during the Democratic Party of Japan’s leadership vote to pick Japan’s next prime minister in Tokyo Aug. 29.More In DPJ
Noda, the DPJ and the Giant Snowball Problem
Noda's Potential Foreign Policy Pitfalls
Politics Japan-Style: Weak Tea, Not Red Meat
The Bond Market's Vote: Noda
The Loach Approach: Noda Makes Bid for Top Job

Stepping out of his usual reticent character, Mr. Noda spoke plainly about his difficult road to politics. Winning doesn’t come easily to him, a sentiment summed up in his final moments behind the lectern:

“I am a loach. I can’t be a goldfish,” said the 54-year-old finance minister referring to the goldfish’s bright, good looks compared to the loach, an unattractive, whiskered fish known for its scavenging techniques. That was not the only metaphor used by Mr. Noda, standing erect, his hair swept back – a contrasting stance from the earnest and perspiring Banri Kaieda, the economy minister whose remarks preceded Mr. Noda’s on Monday morning. Mr. Kaieda is believed to be the frontrunner in Monday’s vote.

Mr. Noda spent the bulk of his time describing his challenging path to his current position. He came from a difficult background – a poor farming family in Chiba prefecture, located on the outskirts of Tokyo. “It’s the reason why I do not look like a ‘city boy,’” he said. His introduction to politics was a bleak one. He watched America mourn the assassination of John F. Kennedy on his family’s black-and-white TV as a young boy in 1963. He said he realized “politics is a scary job.”

His entrance to politics was tough. He recalled standing in the same spot day after day for 13 hours at a time campaigning. He lost that election. Mr. Noda was elected to the Chiba prefecture for the first time in 1987. He won a seat in the national parliament in the lower house for the first time in 1993. But then another roadblock: his party, Japan New Party, disintegrated.

But it’s not all doom and gloom. Mr. Noda talked about morning glory, the flower that is brightest in the early morning hours. He said that only those who experience the cold dark of the night can fully understand and appreciate the beauty of the morning glory when it blooms the next day.
by momotaro-sakura | 2011-08-30 09:16 | 我が家のガーデニング/近郊周辺
幹事長に川端、鹿野氏ら浮上 党役員人事に着手
2011.8.30 08:00 産経ニュース
 民主党の野田佳彦新代表は29日、党役員・閣僚人事に着手した。幹事長には川端達夫衆院議院運営委員長、代表選を戦った鹿野道彦農水相らの名前が挙がっている。党内融和の観点から小沢一郎元代表に近い輿石東参院議員会長を推す声もある。野田氏の選対顧問を務めた岡田克也幹事長は重要閣僚に起用される見通しだ。

 川端氏は官房長官の可能性もある。就任間もない平野達男震災復興担当相、細野豪志原発事故担当相の留任も有力視されている。

 野田氏は29日午後、就任の記者会見で、人事に関し「私なりの構想はある。なるべく早く発表したい。トータルとして党を挙げた態勢を作っていく」と述べ、早急に挙党態勢を構築する方針を示した。同日夜には岡田氏と会談し、人事について協議した。政調会長も含め党執行部人事は30日に決定する。

 野田氏は会見で、マニフェスト(政権公約)見直しに関する自民、公明両党との合意を「誠実に守る」と語った。自公両党との大連立については「視野に入れる」とした。

 早期の衆院解散・総選挙に関しては「今は政治空白を作れる状況でない。解散はそもそもできない」としながらも、「首相の解散権を縛る話ではない。いろいろなことが起きれば、解散はありうる」と述べた。

 早急に東日本大震災被災地を訪問する意向も表明。沖縄の米軍普天間飛行場を県内に移設する日米合意を踏襲する考えを示した。





<民主代表選>野田首相、30日指名 幹事長に鹿野氏ら浮上

2011年8月30日 01時14分
(2011年8月30日 01時23分 更新) 毎日JP



民主党の新代表に決まり、周囲の拍手に応える野田佳彦氏=東京都内のホテルで2011年8月29日午後2時34分、津村豊和撮影

 菅直人首相の後継を決める民主党代表選は29日、東京都内のホテルで開かれた両院議員総会で投開票され、新代表に野田佳彦財務相(54)を選出した。野田氏は第1回投票で2位にとどまったが、上位2人による決選投票の結果、小沢一郎元代表の支持を得た海江田万里経済産業相(62)を破り、逆転勝利した。菅内閣は30日午前に総辞職し、同日午後の衆参両院本会議で野田氏が第95代、62人目の首相に指名される。

 野田氏の代表任期は菅前代表の任期が残る12年9月までとなる。野田氏は30日に幹事長などの党役員人事を行いたい考えで、野田内閣の組閣は9月2日以降になる見通し。焦点の幹事長人事では、決選投票で野田氏を支持した鹿野道彦農相(69)のほか、旧民社党系グループの川端達夫前文部科学相、海江田氏を支持した輿石東参院議員会長を起用する案などが検討されている。岡田克也幹事長は入閣の方向。

 野田氏は新代表に選出直後のあいさつで「ノーサイドにしましょう、もう。同志みんなが汗をかく態勢を早急に作り出していきたい」と述べ、挙党態勢作りを急ぐ考えを強調。党役員人事については新代表就任後の会見で「一日頭を整理して、なるべく早い段階で発表したい。ポイントとなるのは幹事長人事だ」との認識を示した。

 これに対し、小沢元代表は29日、グループの会合で「野田氏を支援したいが、態勢次第だ。言葉だけの挙党態勢かどうか見極めないといけない」と述べ、野田氏をけん制した。

 民主党代表選には野田、海江田、鹿野3氏のほか、前原誠司前外相(49)、馬淵澄夫前国土交通相(51)を加えた過去最多の5人が立候補した。有権者は党員資格停止処分を受けた小沢元代表ら9人を除く党所属国会議員398人。横路孝弘衆院議長、西岡武夫参院議長、松本龍前復興担当相の3人が棄権した。

 第1回投票の結果は、(1)海江田氏143票(2)野田氏102票(3)前原氏74票(4)鹿野氏52票(5)馬淵氏24票。有効投票のうち、当選に必要な過半数を獲得した候補はおらず、海江田、野田両氏による決選投票で、野田氏が215票を獲得し、177票の海江田氏を退けた。

 第1回投票で2位だった野田氏に対し、決選投票で鹿野陣営が支持に回った。野田、前原両陣営は事前に決選投票での連携を確認しており、「2、3、4位連合」が逆転勝利につながった。民主党代表選で、第1回投票で2位の候補が決選投票で逆転したのは初めて。
 
  自民党総裁選でも1956年に石橋湛山氏が「2、3位連合」で岸信介氏を破った例があるだけで、政権与党の代表選では異例の結果となった。【西田進一郎】
by momotaro-sakura | 2011-08-30 09:06