<   2011年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧



中曽根氏提案の参院幹事長案否決…責任問題にも

 自民党は30日午後、参院議員特別総会を開き、中曽根弘文参院議員会長(65)が提案した鴻池祥肇元防災相(70)を参院幹事長に起用する人事案を反対多数で否決した。


 退任する小坂憲次参院幹事長(65)の後任として、町村、額賀、古賀派の3派閥が推す溝手顕正元国家公安委員長(69)の起用を退け、鴻池氏を指名した中曽根氏は「一致結束してほしい。敵は野田政権だ」として了承を求めたが、反対42票、賛成31票、無効6票で否決された。

 中曽根氏が強行しようとした人事案が否決されたことで、3派閥は批判を強めており、中曽根氏の責任問題に発展する可能性も出てきている。


(2011年9月30日15時29分 読売新聞)
by momotaro-sakura | 2011-09-30 16:22
日経ニュース
日立、インドの電力制御機器メーカーを子会社化 新工場を建設
公開日時2011/9/30 14:18

 日立製作所(6501)は30日、インドの電力制御機器メーカー、ハイレル・エレクトロニクス(グジャラート州)を10月に子会社化すると発表した。株式の一部取得と増資の引き受けによって出資比率を60%以上に高める。ハイレル社は鉄を板状に延ばす工程や合成ゴムの精製で使われる高圧インバータードライブシステムの製造販売で実績を持つ。同システムの新工場も建設し、2012年12月末までの生産開始を目指す。生産能力や工場の敷地面積など詳細は今後詰める。

 インドは重化学工業をはじめ工業都市の育成に注力している。日立は電力や鉄道をはじめとするインフラ整備と並び、インドの第2次産業育成にもビジネス機会が多いと判断し、ハイレル社の子会社化を決めた。株式の取得額や増資引受額は数十億円規模という。

 子会社化後、ハイレル社は社名を「日立ハイレル・パワー・エレクトロニクス」に変更する。現状の売上高は11億インドルピー(約19億円)だが、15年度には80億インドルピー(約137億円)まで高める。


〔日経QUICKニュース〕
by momotaro-sakura | 2011-09-30 16:17
日経ニュース
日立、インドの電力制御機器メーカーを子会社化 新工場を建設
公開日時2011/9/30 14:18

 日立製作所(6501)は30日、インドの電力制御機器メーカー、ハイレル・エレクトロニクス(グジャラート州)を10月に子会社化すると発表した。株式の一部取得と増資の引き受けによって出資比率を60%以上に高める。ハイレル社は鉄を板状に延ばす工程や合成ゴムの精製で使われる高圧インバータードライブシステムの製造販売で実績を持つ。同システムの新工場も建設し、2012年12月末までの生産開始を目指す。生産能力や工場の敷地面積など詳細は今後詰める。

 インドは重化学工業をはじめ工業都市の育成に注力している。日立は電力や鉄道をはじめとするインフラ整備と並び、インドの第2次産業育成にもビジネス機会が多いと判断し、ハイレル社の子会社化を決めた。株式の取得額や増資引受額は数十億円規模という。

 子会社化後、ハイレル社は社名を「日立ハイレル・パワー・エレクトロニクス」に変更する。現状の売上高は11億インドルピー(約19億円)だが、15年度には80億インドルピー(約137億円)まで高める。


〔日経QUICKニュース〕
by momotaro-sakura | 2011-09-30 16:17
公務員給与、3年連続マイナス=13年度から定年延長―人事院勧告
2011年9月30日12時6分



 人事院(江利川毅総裁)は30日、2011年度の国家公務員の月給を0.23%引き下げ、ボーナス(期末・勤勉手当)は現行の年間3.95カ月に据え置くよう、国会と内閣に勧告した。月給とボーナスを合わせた平均年間給与がマイナスとなるのは3年連続。13年度から国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げるため、関連法改正の意見の申し出も行った。

 野田内閣は勧告を受け、給与関係閣僚会議で取り扱いを決める。歴代内閣は勧告を尊重する姿勢を示してきたが、今年は公務員給与を役職に応じて5~10%引き下げる特例法案が国会で継続審議となっている。「ねじれ国会」で同法成立のめどは立っておらず、勧告と特例法案のどちらを優先するのかの判断が焦点となる。

 人事院が実施した民間給与実態調査では、今年4月の公務員給与は民間を899円(0.23%)上回った。このため、40代以上を対象に基本給を定める俸給表を引き下げる。ボーナスは民間が前年度をやや上回る水準となったが、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島3県を調査対象から除外しており、3県の経済的な被害などを考慮して改定を見送った。

 勧告通りに実施されると、平均月給は39万6824円(平均42.3歳)となる。ボーナスと合わせた平均年間給与は、1万5000円減(0.23%減)の637万円。 


[時事通信社]
by momotaro-sakura | 2011-09-30 12:40

金木犀の花蕾

e0009760_12291489.jpg

e0009760_12291492.jpg

by momotaro-sakura | 2011-09-30 12:29 | 我が家のガーデニング/近郊周辺
日経ニュース
日立会長、原発の海外展開「各国への協力を継続したい」
公開日時2011/9/29 15:30



 日立製作所(6501)の川村隆会長は29日午後、都内で開かれたアジア11カ国・地域の経済界首脳による「アジア・ビジネス・サミット」の第2回会合で、原子力発電所事業の海外展開について「各国への協力を継続したい」と述べた。東京電力(9501)の福島第1原子力発電所の事故収束のスケジュールが前倒しで進んでいることに触れ、安全面に配慮しながら取り組む考えを示した。

 川村氏は官民で協力するアジアのインフラ整備について道路や港湾といった基幹分野に加え、原子力発電や地熱発電など二酸化炭素(CO2)を抑えた発電技術、上下水道などに注力することを明らかにした。そのうえで「アジアのインフラ整備に貢献したい」と強調した。〔日経QUICKニュース〕

by momotaro-sakura | 2011-09-30 11:49
3月と同水準のセシウム134が検出された
9月21日~22日にかけて、栃木県宇都宮市の環境放射能水準調査結果で、大量のセシウム134が検出された。

21日には330メガベクレル/㎢、22日にはさらに増加して、510メガベクレル/㎢の降下を記録した。この数値は福島第一原発が爆発事故を起こした直後に匹敵する。


故障? 台風? 外出時は要注意
セシウム137が検出されていないことから「計器の故障?」とも思えるが、掲載されている栃木県のHPでは特に分析はなされていない。

21日~22日にかけては、茨城県水戸市、埼玉県さいたま市、東京都新宿区、山梨県甲府市、静岡県静岡市など関東全域で放射線量が増加している。

今回急増が記録されたのは空間線量ではなく、空から降り注ぐセシウム134微粒子。台風15号により汚染物質が拡散した可能性も指摘されるが、原因は特定されていない。

福島第一原発でまた新たな「何か」が起きた可能性も否定できない。

いずれにしろ福島第一原発事故直後と同レベルのセシウム134の降下が検出されていることから、外出などの際には注意が必要だ。

by momotaro-sakura | 2011-09-28 14:55
日経ニュース
広州市、エネルギーやITの次世代都市
公開日時2011/9/26 19:31
 【広州=桑原健】中国広東省広州市はシンガポール政府系投資会社と組み、エネルギー分野やIT(情報技術)の先進企業を誘致し、新技術を試みる次世代都市を同市内に設ける。26日までに欧州電機大手のシーメンスやABBなどが進出を決定。中国での都市インフラ事業拡大の足がかりにする。開発会社の中新広州知識城投資開発のテー・ハン・ケー総裁は同日記者会見し、「日本や韓国、米国からの誘致を拡大したい」と述べた。

 新都市「広州知識城」は広州市とシンガポール政府系投資会社テマセク・ホールディングスの子会社が合弁で開発。日本からは日立製作所が1月に再生可能エネルギーなどの開発拠点の開設を決めたほかは、現時点で進出決定はないという。欧州のシーメンスとABBはスマートグリッド(次世代送電網)などの新技術を試み、フィリップスは省エネ型の照明システムを開発する。

 2014年に住民を受け入れ始める予定。人口54万人を想定している。金融や文化産業などサービス業も誘致。広州市はシンガポールの都市開発のノウハウや先進国企業の技術力を取り込み、居住環境の改善や省エネルギー、産業の構造転換につなげたい考えだ。

by momotaro-sakura | 2011-09-28 12:45
日経ニュース
「JRの下請け」脱却へ特許などの権利、自前管理
公開日時2011/9/28 3:30
 日本の鉄道車両の開発は、JRや私鉄が主導する場合が多い。特に高速鉄道は、優秀な技術陣を抱えるJRが運行ノウハウを基に材料や部品にいたるまで細かく注文を出す。受け身の開発になりがちな車両メーカーには「…

by momotaro-sakura | 2011-09-28 12:39
政調強化で、民主党の自民党化? 
2011年9月26日 WEB RONZA -アサヒコム
野田政権が発足して政策決定の過程が変わった。鳩山、菅政権では、政策決定は政府に一元化するという方針が掲げられたが、「党内融和」をはかる野田政権になって、予算案や法案、条約は国会に提出する前に党の了承を得ることになった。党の政策調査会(前原誠司会長)が大きな役割をもつ「事前審査制」の採用は、国会での説明責任も法的権限もない党が主導権を握ることになりかねない。民主党の「自民党化」が始まったのだろうか。

by momotaro-sakura | 2011-09-26 15:19