<   2012年 05月 ( 60 )   > この月の画像一覧

多くが20年五輪招致不支持「東京市民の成熟の表れ」=中国報道

2012年5月28日 09時39分  サーチチャイナ

 中国メディア・中国広播網は27日、2020年の五輪開催候補地として東京が書類選考を通過した一方で、都民の招致支持率が低いことを紹介し、その原因を考察する記事を掲載した。

 記事は、「世界華語ラジオネットワーク」の日本特約ウォッチャーである葉千栄氏の分析を紹介。葉氏は「東京都は現在、財政難に直面していない」と断ったうえで、都民が五輪招致に積極的でない理由を「東京人の成熟によるもの」とした。

 葉氏は1995年に青島幸男氏が世界都市博の中止を掲げて票を集め、都知事に当選したことを例に挙げ、90年代にすでに「自分たちの税金は自分たちの生活のために」という意識が東京都民の間に芽生えており、特に昨年の東日本大震災以降、養老、防災、医療の3項目に税金を用いることを望むようになったと分析。

 「パフォーマンス好き」な石原知事の手法に多くの東京都民が反感を覚え、IOCの最新調査で五輪招致支持率が50%に達しなかったのは「おかしいことではない」と論じた。

 そして、60年代のように五輪開催が経済推進の起爆剤となった時代とは異なり、既に都市建設が飽和状態となっている今日の東京において「人びとが求めているのは老後の安心と温もりなのだ」と結んだ。(編集担当:柳川俊之)




五輪見に「都民は来なくていい」 低い招致関心に石原知事

2012年5月29日 22時05分共同ニュース




 東京都の石原慎太郎知事が29日、日本外国特派員協会(東京)で講演し、2020年夏季五輪招致への都民の関心が低い理由を問われ「都民というのはぜいたく。自分のことしか考えなくなった。ほかの日本人と違う人種になりましたよ」とぼやいた。「東京のオリンピックが実現したら都民は来なくてもいい」とも語った。知事は「私がやめたら(東京にオリンピックが来るなら、明日にでもやめます」と答え、笑いを誘った。
by momotaro-sakura | 2012-05-30 13:17 | ブログ
<東電>賞与も値上げ分に 今冬147億円、人件費に計上
2012年5月29日 01時32分 (2012年5月29日 07時48分 更新) 毎日新聞



 家庭向け電気料金の平均10%超の値上げを枝野幸男経済産業相に申請している東京電力が、社員の今冬の賞与(ボーナス)147億円分を料金値上げの原価となる人件費に計上していることが28日分かった。福島第1原発事故の処理と賠償で財務内容が悪化し、国から1兆円規模の公的資金投入を受ける東電は今夏のボーナス支給は見送ったが、冬のボーナスに関しては「未定」としていた。

 電気料金値上げの妥当性を審査している経産省の有識者会議「電気料金審査専門委員会」(委員長・安念潤司中央大法科大学院教授)は、東電に対し、人件費の一段の削減を通じた値上げ幅圧縮を促したい考え。同専門委は29日に会合を開き、人件費や修繕費などの計上が適正か審査するが、委員からは「公的資金を投入される立場を考慮し人件費を決めるべきだ」との厳しい声も出ており、冬のボーナスの大幅削減を迫られる可能性がある。

 東電が経産省に示した資料によると、12年度はボーナスを147億円計上。13〜14年度も各290億円強のボーナス(夏・冬含み)を見込んでいる。東電は福島第1原発事故以降、社員の年収を20%(管理職は25%)削減したが、専門委では「実質破綻企業の合理化策としては甘過ぎる」との指摘が出ている。東電は燃料費や人件費などに一定の利益を上乗せした総額を基に、7月から家庭向け電気料金の平均10.28%値上げの認可を枝野経産相に申請している。【小倉祥徳】

by momotaro-sakura | 2012-05-29 12:15 | ブログ
パナソニック、本社社員半減へ=数百人規模の早期退職も検討

2012年5月29日 09時06分共同通信


 パナソニックが、本社の従業員約7000人について、配置転換や希望退職によって今年度中にも半減する方向で検討に入ったことが29日、分かった。数百人規模の希望退職に加え、分社化した各事業部門への機能移管で本社の合理化を進め、経営判断のスピードを上げる。同社は2012年3月期に連結純損益が過去最悪の7721億円の赤字を計上しており、立て直しの一環として本社のスリム化を断行する。

 削減対象は、国内の従業員約10万人のうち本社に所属する約7000人。内訳は事務部門が4000人、研究開発部門は2000人、生産技術部門1000人。今秋以降に早期退職を募る見通し

by momotaro-sakura | 2012-05-29 11:31 | ブログ

万両の木が密生

e0009760_11255297.jpg

我が家の庭の紅花馬酔木の根元に大小併せて18本もの万両の幼い木が密集して生えてました驚きました!
by momotaro-sakura | 2012-05-29 11:25 | 我が家のガーデニング/近郊周辺

ミニフルーツトマト

e0009760_1601693.jpg

by momotaro-sakura | 2012-05-28 16:34 | 我が家の菜園

ミニフルーツトマト

e0009760_16334379.jpg

ミニフルーツトマト苗5本を購入しました。50日で食べられるとの事。7月中旬には食べられるから待ち遠しいね。
by momotaro-sakura | 2012-05-28 16:33 | 我が家の菜園
e0009760_215141.jpg

e0009760_2151473.jpg

e0009760_2151478.jpg

by momotaro-sakura | 2012-05-27 21:05

東京スカイツリー

e0009760_19211899.jpg

隅田川からのスカイツリー
by momotaro-sakura | 2012-05-27 19:21

「生活保護は恥」は過去 今は“貰えるものは貰っておけ”に


2012年5月26日 07時00分


 今年度予算の生活保護費は約3兆7000億円で、受給者は約209万人(152万世帯)。その中でも受給者の多い大阪・西成区では、毎月1日の支給日は通称「給料日」と呼ばれ、区役所前には9時に始まる支給手続きを待つ受給者の長蛇の列ができる。

 その後の光景も独特だ。今度は付近のパチンコ屋に200人以上の行列ができ、10時の開店と同時に1円パチンコの席が埋まる。そして生活扶助が遊興費に消えていくのだ(中には増やす者もいるのだろうが)。

 生活保護費の給付は、「最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること」(生活保護法)を目的としている。が、このように生活保護費が自立(就職)どころか生活費にもならず、遊興目的に消えている現実がある。制度の趣旨に照らせば、「これも一種の不正受給ではないか」と思う納税者も少なくない。

 大阪府のケースワーカーとして勤務した経験を持つ道中隆・関西国際大学教授(社会福祉学)は自身の経験を踏まえてこう語る。

「私が現場にいた20年ほど前までは、受給者自身に“保護を受けることが恥ずかしい”“早くこの状態を脱したい”という意識があり、その親族も“身内から受給者を出したくない”という考えが強かった。

 受給世帯の子供がいじめられたりするという差別意識とも関係するので無条件にはその考え方を美化できませんが、個人主義で核家族化が進んだ今では逆に“生活保護で何が悪い”“貰えるものは貰っておけ”という権利の主張が当たり前になっている。何のための生活保護制度か、社会全体で考えるべき時だと思います」
※週刊ポスト2012年6月1日号
by momotaro-sakura | 2012-05-26 09:52 | ブログ
群馬の産廃業者から流出か=委託元の会社に報告求める―利根川水系汚染・埼玉県

2012年5月25日 12時04分時事通信社


 利根川水系の浄水場から基準値を超える化学物質ホルムアルデヒドが検出された問題で、原因物質のヘキサメチレンテトラミン(HMT)が、埼玉県本庄市の金属加工会社が廃液処理を委託していた群馬県高崎市の中間処理業者から流出した可能性があることが25日、埼玉県の調査で分かった。

 処理業者側は県の聞き取り調査に「(委託された際)HMTが入っているとは聞いていなかった」と話しているといい、県は同日、群馬県と連携し、金属加工会社に対して廃棄物処理法に基づく経過報告を求めた。

 県によると、金属加工会社は高崎市の処理業者2社にHMTの処理を委託。このうち1社はHMTを十分に分解できる設備がないのに、利根川支流の烏川に排出していたとみられるという。


ヘキサメチレンテトラミン (hexamethylenetetramine) は4個の窒素原子がメチレンによってつながれた構造を持つ複素環化合物である。ヘキサミン (hexamine) あるいは1,3,5,7-テトラアザアダマンタンとも呼ばれる。無色で光沢のある結晶もしくは白色結晶性の粉末である。

医療においては、膀胱炎、尿路感染症、腎盂腎炎の治療に用いられ、日新製薬からヘキサミン注「ニッシン」として販売されている。これは、ヘキサミンが尿内でホルムアルデヒドに分解し、尿が防腐性を持つことを利用したものである。

産業面では化学工業において樹脂や合成ゴムなどを製造する際の硬化剤として用いられる。

また、生物学の分類学や生態学の研究現場では、石灰質(リン酸カルシウムや炭酸カルシウム)によって硬化した硬組織を持つ、脊椎動物や甲殻類の標本をホルマリン固定で保存するときに用いることがある。ホルムアルデヒドは水溶液であるホルマリンの中で酸化して徐々にギ酸に変化するが、ヘキサメチレンテトラミンは水中でアンモニアとホルムアルデヒドに分解し、このアンモニアがギ酸を中和して標本の脱灰を防止する。通常ホルマリンの原液にヘキサメチレンテトラミンを飽和させ、これを3~5%に希釈して使用する。

EUでは使用許可食品添加物リストのE番号に保存料として掲載されており、チーズに添加されることがある。アメリカ合衆国、日本、オーストラリア、ニュージーランドでは食品添加物としては承認されていない。

RDX爆薬を製造する際の原料ともなる。1,3,5-トリオキサンと合わせて棒状に固めたものは、野外で使う固形燃料として用いられる
by momotaro-sakura | 2012-05-25 12:38 | ブログ