<   2012年 09月 ( 265 )   > この月の画像一覧

十五夜


9月30日 十五夜のお月見(中秋の名月、芋名月)
「旧暦(きゅうれき=むかしのカレンダー)」で「8月15日」にあたる日は、秋のお月見の「十五夜」の日です。旧暦では、月が新月から次の新月まで地球をひとまわりする時間を「ひと月」としていました。ですから、月の中ごろにあたる15日は満月前後になります。

「十五夜」はかならずしも毎年満月当日になるわけではありませんが、2012年は、2011年につづいて十五夜が満月の日になります。

満月の日、地球をはさんで月が太陽のほぼはんたいがわにあるので、太陽が西にしずむころに、反対がわの東の空に月があらわれます。東京では、この日の月の出は午後5時13分です。
ひとばんじゅう見えるまんまるな月をながめてウサギを探してみましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
十三夜
 日本では、古くから秋の名月を鑑賞する「お月見」の風習があります。お月見というと旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名ですが、日本では古来もうひとつ旧暦九月十三日の十三夜もまた美しい月であると重んじていました。
 中秋の名月(十五夜)はもともと中国で行われていた行事が日本に伝来したものですが、この十三夜の月見は日本独特の風習だそうで、一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた観月の宴が風習化したものとも言われています。
 一般に十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていました。これは十五夜だけでは、「片月見」といって嫌われていたからです。
 十五夜はサトイモなどを供えることが多いため「芋名月」と呼ばれていますが、十三夜は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれています。これはお供えとして栗や豆を、神棚などに供えるからだそうです。中秋の名月の後なので、「後の月」と言われたり、「小麦の名月」と呼ぶ地方もあります。これは旧暦九月十三日の晩のお天気で、翌年の小麦の豊作、凶作を占う習慣から来ています。
 十五夜はあまりすっきりしない夜空であることが多いのに対し、十三夜の夜は晴れることが多いようで、「十三夜に曇り無し」という言葉もあります。

十三夜の日付
西暦年 旧暦九月十三日 曜日

2012年 10月27日 土曜日

by momotaro-sakura | 2012-09-30 12:58 | ブログ
誕生日祝いに購入しました!


e0009760_10544829.jpg


ビレロイ&ボッホは、1748年にフランスで創業し、現在はドイツとルクセンブルグに本社を置く、ヨーロッパでも歴史の長い老舗陶磁器メーカーの一つです。
このオフィシャルサイトでは、その幅広い商品のうち、食器類、グラス、カトラリー、リネンやテーブルアクセサリなど、食卓を豊かに彩るテーブルウェア(洋食器)をトータルにご紹介しております。
---------------------------------------------------------------------------

ビレロイ&ボッホ(Villeroy & Boch)は、ドイツの陶磁器メーカー。

フランソワ・ボッホにより、マイセンに遅れること39年後の1748年に、現在のフランス・ロレーヌ地方に創業した。その後、ルクセンブルクにも工場を設立し、ハプスブルク家の援助を受け、王室御用達の窯として発展する。

1836年、同業者でありライバルでもあるビレロイ家と合併して「ビレロイ&ボッホ」となり、ドイツに本社を構える。以後工業化を推進し、いち早く機械化と量産体制を堅め、マイセン、ロイヤルコペンハーゲンに並ぶ世界三大陶磁器メーカーの一つとなる。

代表作「スイッチ3」は、いち早く柄違いの食器を重ねて使う美しさを提案した。
e0009760_10544894.jpg

伝統工芸木地師浅田孝夫作

山中温泉大内村で木地職人の技術を学んだ浅田京作から木地師を始め、10人の弟子を育て上げました。
浅田京作の長男である浅田孝夫も父親の跡を継ぎ兄弟三人で高度成長期を支えてきました。
木地職人が肌に合わなかった長男、現在の社長浅田孝は商人になるため修行をし、そして独立、浅田漆器工芸を始めました。
それから2009年に工房新築を機に一階にショップ「うるしの器あさだ」を展開。小売りも始めるようになりました。




浅田漆器工芸の成り立ち



明治45年

嶋田京作(20歳)が石川県大内村で木地師として独立
その後縁があり菅谷町で結婚し、10人の弟子に木地の技術を広めた。



昭和20年

孝夫、石川県松任農学校卒業し、卒業後父京作に木地見習い、習得。



昭和52年

孝(有)浅田漆器工芸設立、漆器の製造販売を行う。



平成10年

うるしの器あさだとして新しく店を構える。
現在に至る


うるしの器あさだでは、日々の生活のなかで身近に使える国産の漆器を提供しています。
山中のロクロの高度な技術で木地作りをし、その木地を生かすため漆を塗っては拭く「拭き漆」や「目はじき塗り」という 工程までこちらの工房で行っています。
また、気軽に入りやすい店内では、お手頃な漆器から本格的な漆器まで取りそろえております。
店内から見える田園風景は絶景でお客様から大変好評を得ています。

山中温泉の旅の記念として漆のお椀に漆で絵を描く蒔絵体験も行っています。




山中漆器について

山中漆器の特徴はなんといっても木地とろくろにあります。輪切りにした板から様々な寸法をとりカットして乾燥させ、 鉋(かんな)とよばれる特殊な刃物で白木地を回転させながらくり抜く「ろくろ挽き」です。
千筋や糸目筋などの加飾挽きを施し、木地師のひとりひとりのこだわりが込められています。




山中漆器の歴史

山中漆器のはじまりは、安土桃山時代の天正年間(1573~1592)。
諸国山林伐採の許可書を持つ木地師(きじし)が越前(福井県東北部)の山間部より石川県山中温泉の上流20Kmにある真砂地区に 移住し、「轆轤挽き物(ろくろひきもの)」の技術が伝わったのが起源です。
その後、真砂から山中へ移って温泉客を相手に木地挽きを生業とした木地師たちにより、 山中漆器発展の基礎が築かれました。
また昭和に入ってからは合成樹脂を素材とした安価で丈夫な近代漆器を導入。
新しいライフスタイルに対応した食器開発で、伝統漆器と併せて生産額日本一の漆器産地として発展しています。

by momotaro-sakura | 2012-09-30 11:54 | ブログ

朝ごはん

e0009760_11454258.jpg

by momotaro-sakura | 2012-09-30 11:45

9月30日生まれの人

9月30日生まれの人
下をクリックして下さい!
http://www.d4.dion.ne.jp/~warapon/data00/birth-0930.htm
People who were born on September 30 are in this page.
  小笠原 亜里沙 (おがさわら・ありさ) 【女優、声優】 〔東京都〕
  ブライアン=バリントン (Bryan Paul Bullington) 【野球】 〔アメリカ〕
  マルチナ=ヒンギス (Martina Hingis) 【テニス】 〔スロバキア→スイス〕
by momotaro-sakura | 2012-09-30 11:29
橋下氏主張の尖閣「司法裁」決着、政府は否定的


 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化で悪化した日中関係を打開するため、新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長が、国際司法裁判所(ICJ)での決着を主張し始めた。

 しかし、尖閣諸島は日本が支配しており、政府は「領土問題は存在しない」との立場だ。日本がICJに提訴すれば自ら領土問題の存在を認め、「中国の思うつぼ」(政府筋)となりかねない。政府は提訴に否定的だ。


 橋下氏は29日、大阪市内での記者会見で、ICJへの提訴について、「裁判をやるときは勝てる自信があるからやる。尖閣諸島だって竹島だって、法と正義に基づけば(日本が勝つ)自信がある」と述べた。政府は島根県・竹島の領有権問題で韓国を提訴する準備を進めているが、橋下氏は尖閣諸島の問題も提訴して決着を目指すべきだとの考えを示した。
 共産党の志位委員長も20日、首相官邸で藤村官房長官と面会し、尖閣諸島に関し「領土問題が存在しないという立場は、日本を自縄自縛にする」と主張。領土問題の存在を認めたうえで外交による決着を求めた。志位氏は面会後の記者会見で、尖閣諸島と竹島の問題で政府の対応が異なるのは「ダブルスタンダード(二重基準)だ」と指摘した。

(2012年9月30日10時49分 読売新聞)
by momotaro-sakura | 2012-09-30 10:54
日中国交正常化40周年も…対立の解決糸口見えず
 日本と中国は29日、国交正常化40周年を迎えた。日本政府による尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化に反発した中国は、40周年の記念行事を中止するなど矢継ぎ早に対抗措置を発動。歴史的見地から日本の領有権の不当性を説く宣伝戦も強めており、対立解決に向けた出口は見えない。

 共同通信の調べによると、国交正常化40周年の記念事業や交流イベントの中止と延期が、少なくとも全国40道府県に広がっていることが判明した。約250件の事業とイベントのうち約4割に当たる約100件が中止や延期となっており、両国関係の基盤である草の根交流にも深刻な影響が出ていることがあらためて浮き彫りとなった
[ 2012年9月30日 06:00 スポニチ
by momotaro-sakura | 2012-09-30 09:40
格安航空業界が中国を避ける理由とは?―米メディア

2012年9月30日 09時20分。(Record China)


2012年9月28日、環球時報によると、AP通信は27日、幅広く展開する格安航空が中国で発展しない理由について取り上げた。
この10年足らずの間に、50社以上の格安航空会社がアジアの空を席巻するようになったが、中国では急速に発展する航空業界を政府がコントロールしており、国有航空会社3社が主な地位を占めている。輸出業に携わる任紅(レン・ホン)さんは「独占と競争不足により、国内線の方が国際線より高いことがある」と話した。

国有航空会社が殿様商売を続けた結果、乗客はサービスの悪さや選択肢の少なさに不満を抱いている。25歳の李朋(リー・ポン)さんは「中国の航空会社の食事は海外の航空会社に比べて劣るしメニューが単一。以前到着が遅れたことについてクレームを言ったことがあるが、いまだに何のフィードバックもこない。もっと中国でも多くの格安航空会社ができてほしい」と語る。

専門家は、中国の航空政策は2つの面から格安航空業界を阻止していると指摘する。1つ目は民間企業が新しく航空会社を設立するのはほぼ不可能であること、2つ目は新航空会社や路線の認可申請が既存の航空会社の成長に影響することである。しかし中国政府は空港などのインフラを整えながら、徐々に航空業界を開放していくとみられる。第12次 5カ年計画(2011-15年)によると、現在建設中の新空港は82カ所あり、さらにリニューアルの必要な空港は101カ所にものぼる。(翻訳・編集/中原)

by momotaro-sakura | 2012-09-30 09:34
内閣改造へ最終調整 首相、きょう輿石氏と会談

 野田佳彦首相は30日、来月1日の内閣改造に向け最終調整する。民主党の輿石東幹事長と公邸で会談。具体的な人選を協議するとともに、連動する党役員や衆参両院委員長の人事も併せて固める見通しだ。

 首相は1日午前の臨時閣議で閣僚の辞表を取りまとめ、午後に与党党首会談を開催。組閣本部の設置後、午後1時半ごろ記者会見して閣僚名簿を発表する。夕方の皇居での閣僚認証式を経て、野田第3次改造内閣が発足する運びだ。

 これまでに首相は、岡田克也副総理と藤村修官房長官を留任させる方向で調整。岡田氏の財務相兼務も検討している。

 前原誠司前政調会長と城島光力前国対委員長、樽床伸二前幹事長代行は閣僚で処遇する見通し。財務相に前原氏の起用論もある。城島氏を総務相か厚生労働相に充てる案も浮上している。古川元久国家戦略担当相は退任が濃厚となった。

 玄葉光一郎外相と森本敏防衛相は留任が固まった。6月の再改造内閣で起用した参院議員の羽田雄一郎国土交通相と郡司彰農相は留任する見込み。滝実法相は本人の意向を踏まえ、退任させる。

 郵政民営化担当相には国民新党の自見庄三郎代表が就任する。
中国新聞


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

田中真紀子氏の入閣検討 岡田・藤村両氏、留任へ


 野田佳彦首相(民主党代表)は29日、岡田克也副総理と藤村修官房長官を留任させる方針を固めた。玄葉光一郎外相も留任させる方向。また、田中真紀子元外相を閣僚に起用する検討に入った。首相は1日に内閣改造を行い、皇居での認証式を経て同日中に野田第3次改造内閣を発足させる。

 野田首相は29日、首相公邸で岡田、藤村両氏と会談し、改造人事について意見交換をした。消費増税法を牽引(けんいん)した岡田氏と、輿石東幹事長との関係が良好で自民党との調整役も果たしてきた藤村氏は留任。尖閣諸島や竹島問題などをめぐる外交の継続性から、玄葉外相も留任で調整している。

 田中氏は自民党時代に科学技術庁長官や外相を務めたが、3年前の政権交代直前に民主党に入った。日中国交正常化を果たした当時の田中角栄首相の長女で、今月27日には中国側に招かれて日中友好団体代表らと訪中した。田中氏の起用は、政権として対中関係改善へのメッセージを込める狙いもあるとみられる。
朝日新聞
by momotaro-sakura | 2012-09-30 09:28

中国人の態度が見る間に変わっていく…在中米国人、自国の国力低下を実感―米メディア

2012年9月28日 20時30分
(Record China)

25日、米公共ラジオ局NPRは「中国在住の米国人は経済事情の変化から、以前ほど現地でもてはやされなくなりつつあることを実感している」と報じた。写真は上海の金融街・陸家嘴


2012年9月25日、米公共ラジオ局NPRは「中国在住の米国人は経済事情の変化から、以前ほど現地でもてはやされなくなりつつあることを実感している」と報じた。その一方で、中国の国際的地位と経済力は上昇を続けている。環球時報の27日付の報道。
ある米国人企業家が2005年、初訪中で上海の取引先を訪れた際、まるで西方から来た聖人のごとく丁重に扱われた。豪奢な接待や贈り物の数々にまみれ、肝心のビジネスの話などそっちのけといったありさまだった。しかし、2011年に会議のため再び上海を訪れると、取引先の社長はベンツで登場。接待の食事の席では、民間企業を中心に据えた米国の資本主義モデルを手きびしく批評するとともに、中国の社会主義市場経済の素晴らしさを語り続けたという。それはまるで「自分の言い分こそがすべて。君との取引はしなくても構わないよ」とでも言いたげな態度だった。

また、別のあるビジネスマンも「10年前の中国では王様待遇だった」とする。当時は中国政府がさまざまな外国企業を呼び込むため、税制面の優遇措置や招致奨励策などの政策をとっていた。その目的は海外からの資金と技術を導入するため。当時は外国人の在留許可も1年単位で更新できたが、現在では3カ月の延長しか許可されなくなった。現在も外国人がもたらす技術は重宝がられているものの、以前ほど切実なニーズではなくなっている。

1987年から中国在住の米国人作家も、中国の友人たちの生活がみるみる変わっていくのを目にしている。すごいことだと感じる一方で、中国の外国に対する態度も見る間に変化していくのを感じているという。「在住外国人を取り巻く環境は変わっていくが、それでもここが世界で最も働きがいのある場所であることは変わりない」と話している。
(翻訳・編集/岡田)
by momotaro-sakura | 2012-09-30 07:55
クリントン長官、日韓外相に「冷静な対応」呼び掛け
2012.9.29 10:00産経ニュース

28日、ニューヨークで会談した玄葉外相(左)とクリントン米国務長官(AP)

 【ニューヨーク=黒沢潤】玄葉光一郎外相は28日、ニューヨークでクリントン米国務長官、金星煥韓国外交通商相と会談した。

 クリントン長官は、島根県・竹島(韓国名・独島)の領有権をめぐって対立する日韓両国に「冷静さをもって事態に対応してほしい」と呼び掛けた。また、日韓両国が発展してきたのは、平和と安定を求めて「周辺国と友好的な関係を構築してきたからだ」と述べ、連携を強化し地域の安定に努めてほしいと訴えた。

 クリントン長官は、日本と中国が領有権を主張する尖閣諸島、中国やフィリピン、ベトナムなどが対立する南シナ海の問題も念頭に、地域における対話促進の重要性も強調した。

 3者は北朝鮮の挑発行為を防ぐため、今後も緊密に連携し、北朝鮮に具体的な対応を求めていくことも確認した。3者会談が行われるのは今年7月以来。




9月29日 「中国のみなさん申し訳ない」尖閣国有化を謝罪した親中派
2012.9.29 03:26 [産経抄]
 いやはや恐れ入った。小欄も時折、「孫も読んでいるので下品な表現はやめてください」といったお叱りを頂戴するが、国連総会の場で他国を「盗っ人」呼ばわりする中国の外相にははだしで逃げ出さざるを得ない。

 ▼ビアスの「悪魔の辞典」によれば、外交とは「祖国のためにウソをつく愛国的行為」だそうだが、楊潔●外相は希代の愛国者だ。なにしろ、「尖閣諸島は中国領だ」というウソを論証しようと、次から次へと珍論を繰り出す力業は尋常でない。

 ▼珍論の白眉は、「第二次大戦後、カイロ宣言やポツダム宣言などに従い、これらの島々を含む占領された領土は中国に返還された」とのくだりだ。両宣言とも尖閣のセの字も書いていないばかりか、かの島々が中国や台湾に返還された事実はまったくない。

 ▼ただし、ウソも100回つけば真実になるのは人間社会の悲しい常で、日本側が即座に反論したのは良かった。外交の場では、沈黙は金どころか、黙っていては相手の言い分を認めたと宣伝されかねない。

 ▼日中国交正常化から40年の節目を迎えたが、偽りに満ちた「友好」の時代は終わった。河野洋平前衆院議長をはじめ、友好団体の長が雁首(がんくび)そろえて北京詣でをしても首相はおろか引退間際の幹部にしか会えなかった事実がすべてを物語っている。

 ▼反日暴動に文句も言えず、「非常にいい会談だった」と話す財界人にもあきれたが、「中国のみなさん申し訳ない」とテレビで尖閣国有化を謝罪した親中派もいる。「売国奴」という下品な表現は使わぬが、11年前の自民党総裁選に名乗りを上げようとした野中広務元官房長官の野望を、同じ派閥の幹部が潰してくれたことを小欄は今でも感謝している。
●=簾の广を厂に、兼を虎に

by momotaro-sakura | 2012-09-29 10:57