<   2013年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧

山上れい 氏②Triangulated Flower

e0009760_16403761.jpg

by momotaro-sakura | 2013-09-30 16:40 | ブログ
e0009760_1563655.jpg

e0009760_1563652.jpg

これがスタートの作品です!
by momotaro-sakura | 2013-09-30 15:06 | 我が家のガーデニング/近郊周辺

「雨引の里と彫刻」

e0009760_833143.jpg

e0009760_8183899.jpg

2011年國安孝昌氏(筑波大准教授)作品・上(高久おふじやま前)
1957年 北海道生まれ
   北海道教育大学教育学部特設美術学科
     筑波大学大学院芸術研究科デザイン専攻
今年はルート①一番目に作品があります。



戸田裕介氏
武蔵野美術大学教授 2000年4月着任
1962年広島県生まれ
武蔵野美術大学大学院造形研究科 美術専攻彫刻コース(修士課程)修了
Royal College of Art(イギリス)Sculpture School P.E.P.修了

2011年戸田裕介氏作品・下(高久神社内)・今回はルート⑤五番目に作品があります。
e0009760_8374972.jpg

e0009760_8443795.jpg




さいとう・さだむ
齋藤さだむ
1948年長野県生まれ。1972年桑沢デザイン研究所卒業。1977年〜1990年まで 筑波大学芸術学系技官。1990年写真事務所設立。主な発表に、1998年「写真の現在・ 距離の不在」(東京国立近代美術館フィルムセンター)、1999年「大辻清司と15 人の写真家たち」(東京造形大学)、2009年「TRANSIT ZONE」(いわき市立美術館)などがある。茨城県つくば市在住。


「雨引の里と彫刻」は茨城県桜川市の旧大和村の里山や集落を舞台に、初回の1996年より作家が主催となり、地元の協力を得ながら運営してきた彫刻展です。
前回「雨引の里と彫刻 2011」では、”冬のさなかに”と題し、凛とした冷たい空気と彩度を落とした真冬の風景の中の展覧会を試みました。充実した作品の並ぶ展覧会でありましたが、会期終了直前に東日本大震災のため、展覧会の閉鎖を余儀なくされました。農業、石材産業を主とするこの地域にも震災の被害は及びました、幸い、約40点の展示作品の倒壊はなく、この展覧会における作品の安全管理は特筆すべきものがあったと思います。
さて、9回目の開催となる今回は、9月から11月にかけての2ヶ月間、秋の里山や集落の中に、参加作家38名の彫刻作品が設置されます。秋の爽やかな風や里山の美しさを体感しながら点在する作品群をオリエンテーリングのように巡る楽しさは、まさにこの展覧会の醍醐味といえます。会期中に作家の解説付きのバスツアーも予定しております。
震災後の初めての展覧会として、作品の安全性はもとより、地域との関わりも再検討しながら、準備を進めています。多くの方々のご高覧をお待ちしております。■ 雨引の里と彫刻 2013 (AMABIKI 2013)会場:茨城県桜川市(旧大和村地区)
会期:2013年9月22日(日)-11月24日(日) 9:00-17:00
主催:雨引の里と彫刻 実行委員会
協賛:桜川市
後援:茨城県 茨城県教育委員会 桜川市教育委員会 株式会社茨城新聞社 NHK水戸放送局 公益財団法人常陽藝文センター
助成:芸術文化振興基金 公益財団法人朝日新聞文化財団 公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団参加作家: (38名)
井上雅之、大栗克博、大島由起子、大槻孝之、岡本敦生、海崎三郎、金沢健一、國安孝昌、※栗原優子、小日向千秋、齋藤さだむ、齋藤徹、※サクサベウシオ、佐藤晃、佐藤比南子、サトル・タカダ、塩谷良太、志賀政夫、島田忠幸、菅原二郎、鈴木典生、高梨裕理、戸田裕介、中井川由季、中村洋子、西成田洋子、平井一嘉、廣瀬光、藤島明範、松田文平、宮沢泉、村井進吾、山﨑隆、山上れい、山添潤、山本憲一、和田政幸、渡辺治美 (※印は新規参加作家)イベント:
オープニング・セレモニー
 9月22日(日) 15:30-
 上野沼やすらぎの里キャンプ場
 〒309-1226 桜川市上野原地新田48 Tel.0296-76-0952
バスツアー
 参加作家の自作解説を聞きながら全作品を巡ります
 (要予約、インフォメーションセンター にて展覧会開始日9月22日より受付)
 10月06日(日) 10:00-16:00
 11月03日(日) 10:00-16:00ボランティアによる催し:
大和撫子庵(休憩所、お茶のサービス、会場のルートガイドなど)
 10月、11月の各日曜日を予定
手打そば大好き会(蕎麦実演販売)
 会期中の各日曜日を予定(但し10月6日を除く)
 会場等の詳細については、インフォメーションセンターで要確認

by momotaro-sakura | 2013-09-30 07:50 | 我が家のガーデニング/近郊周辺

パン屋

e0009760_16321714.jpg

我が家の近くの田園地帯にパン屋さんとカフェがあります!午後寄ってきました。本格的な素朴な味がして美味しかった。
by momotaro-sakura | 2013-09-29 16:32 | 我が家のガーデニング/近郊周辺

彼岸花

e0009760_7405584.jpg

近隣の山(おふじやま)に咲いてました。
by momotaro-sakura | 2013-09-29 07:40

今朝の太陽

e0009760_9315247.jpg

我が家の南東から撮影
by momotaro-sakura | 2013-09-28 09:31 | 我が家のガーデニング/近郊周辺

セシウム


常総生活協同組合(茨城県守谷市)が、松戸、柏、つくば、取手など千葉、茨城の15市町に住む0歳から18歳までの子どもを対象に実施した尿検査の結果である。
体内にセシウムを取り込むと、どういう影響が出るのか。内部被曝に詳しい琉球大学名誉教授の矢ケ崎克馬氏が解説する。

「セシウムは体のあらゆる臓器に蓄積し、子どもの甲状腺も例外ではありません。体内で発する放射線は細胞組織のつながりを分断し、体の機能不全を起こします。震災後、福島や関東地方の子どもたち鼻血や下血などが見られたり甲状腺がんが増えているのも、内部被曝が原因です。怖いのは、切断された遺伝子同士が元に戻ろうとして、間違ったつながり方をしてしまう『遺伝子組み換え』で、これが集積するとがんになる可能性があります

 矢ケ崎氏は、尿中に含まれるセシウム137がガンマ線だけ勘定して1ベクレルだとすれば、ベータ線も考慮すると体内に大人でおよそ240ベクレルのセシウムが存在し、それに加えてストロンチウム90もセシウムの半分程度あるとみる。

 体に入ったセシウムは大人約80日、子ども約40日の半減期で排出されるが、食物摂取で体内被曝し、放射線を発する状態が続くことが危険だと言う。

 常総生協が昨年度、食品1788品目を調査した資料がここにある。結果を見ると、280品目からセシウムが検出されていた。米74%、きのこ63%、お茶50%、それに3割近い一般食品にもセシウムが含まれていたのだ

出典週刊朝日  2013年10月4日号
by momotaro-sakura | 2013-09-27 10:50 | 健康管理/先端医療

今朝の各新聞から

2013年9月27日(金)
(出典)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=198&agent=1&partner=Excite&name=%B0%F1%BE%EB%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=0&dispconfig=&tblattr=1


知事応援、8県議処分 自民県連

議長、役職停止4カ月


自民党県連(岡田広会長)は26日開いた総務会(会長・磯崎久喜雄県議)で、自主投票とした先の知事選で現職の橋本昌知事を応援した県議8人の処分を全会一致で決めた。処分は、白田信夫県議会議長(桜川市、当選5回)ら3人が党役職停止4カ月、1人が同2カ月、4人が戒告。11月1日付で処分する。岡田会長は総務会後の会見で「処分者が出たことは私の指導力不足」と述べ、今後の進退については「まず処分を終えてから。まだ分からない」と明言を避けた。

総務会は県連幹部と総務役員の計33人が出席し、非公開で行われた。

白田氏以外の処分は▽党役職停止4カ月=藤島正孝同副議長(潮来市、同4回)石川多聞元議長(水戸市、同7回)▽同2カ月=外塚潔氏(かすみがうら市、同1回)▽戒告=石田進氏(神栖市、同2回)志賀秀之氏(北茨城市、同1回)島田幸三氏(小美玉市、同1回)鈴木定幸氏(常陸大宮市、同1回)。

処分の対象となった行為は橋本知事の遊説先での応援演説で、党三役経験者の白田、藤島、石川各氏は8人の中で最も重い処分。外塚氏は街頭演説以外に告示日の出陣式にも出席したため、処分が重くなった。

処分内容は17、25両日の県連党紀委員会で審議し、25日の答申を受け総務会で正式決定した。弁明書はほぼ全員が提出し、「地域事情がほとんどだった」(岡田氏)という。

8人の県議が処分された事態について、岡田氏は「残念。出たことは私の指導力不足」と述べた。

進退について、岡田氏は会見で「それは分からない。まずは処分を終えてからの話」としたが、西條昌良幹事長は取材に対し「会長が辞めるなら自分も辞める。だが、この問題が終わらない限り、その話はできない」と述べた。

県連は同日、8人に処分を通知。不服申し立ては10月6日まで受け付ける。不服申し立てが提出されれば、同7日に再度党紀委員会、総務会を開く。

知事選をめぐり、県連は多選を理由に橋本知事を推薦せず、一方で独自候補擁立もできずに自主投票の対応を決めた。所属県議に選挙選に関与しないよう要請したが、応援演説するなどの造反者が相次いだ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


自民県連会長、辞任の意向 知事選対応で

(出典). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20130926-OYT8T01333.htm
 自民党県連の岡田広会長(参院議員)が会長職を辞任する意向を固めたことが26日、わかった。複数の県連関係者が明らかにした。独自候補を擁立できないなど、知事選を巡る一連の対応に責任を問う声が上がっていた。岡田氏を支えてきた西條昌良幹事長(県議)も辞任するとみられる。一方、県連は同日、総務会を開き、応援自粛の申し合わせに反し、知事選で橋本昌氏を支援した8人の県議の処分を了承した。

 関係者によると、岡田氏は総務会の席上で、「時期が来たら、私が責任を取る」「来年の県議選は新しい体制で」などと述べ、辞任の意向を示したという。

 総務会では、一部から「(辞任を)まだ明らかにしない方が良い」との意見も出たといい、岡田氏は直後の記者会見で辞任するかを問われ、「それはわからない。今は処分を終えることが大事」と述べるにとどめていた。

 県議8人の処分は、10月6日までに不服申し立てがなければ、正式に決定することになり、岡田氏はその後に辞任を表明することになるとみられる。西條氏も周辺に幹事長を辞める意向を伝えている。

 県議8人の処分はいずれも11月1日付。元県会議長の石川多聞氏(水戸市区、当選7回)、県会議長の白田信夫氏(桜川市区、同5回)、県会副議長の藤島正孝氏(潮来市区、同4回)の3人が党役職停止4か月。外塚潔氏(かすみがうら市区、同1回)は同2か月。

 石田進氏(神栖市区、同2回)、志賀秀之氏(北茨城市区、同1回)、鈴木定幸氏(常陸大宮市区、同1回)、島田幸三氏(小美玉市区、同1回)が戒告。

 8人は、いずれも知事選で橋本氏の街頭演説に立った。役職停止4か月の3人は、党三役を経験していることから他の5人より重い処分となった。外塚氏は、街頭演説に加え出陣式にも出席していた。

 戒告と党役職停止は、5段階のうち1、2段階の軽い処分。ある若手県議は「何も影響はない。建設業者を仕事がない時期に指名停止にするようなものだ」と話した。

 知事選を巡っては、自民党は2009年の前回選で、5選を目指した橋本知事を「多選」と批判し、対抗馬を擁立したが惨敗。今回の知事選では、「戦える候補がいなかった」と独自候補擁立を断念して自主投票とし、橋本氏を支援しないことを申し合わせていた。

(2013年9月27日 )





-------------------------------------------------------------------
当日有権者数 投票者数 投票率 開票率 速報時刻
88548  32872  37.12%  100.00%  22:15現在 

当落 票数  候補者名 年齢  職業  政党 公約・略歴
当 16728 鈴木聡 68 政党役員 共新 公約・略歴

http://ameblo.jp/ibaraki-suzuki-satoshi/image-11610582670-12678735326.html 

15036 保坂直樹 31 行政書士 無新 公約・略歴

県議補選筑西市区
選管最終
投票日:2013年9月8日


筑西
田所嘉徳衆院議員の県議からの転出に伴う県議選筑西市区補選(欠員1)は8日、市内55カ所で投票が行われ、午後8時から同市上平塚の下館総合体育館で即日開票される。大勢判明は午後9時半ごろの見通し。有権者数は8万9159人(2日現在)。

立候補しているのは、いずれも元市議の新人で、行政書士、保坂直樹氏(31)=自民推薦=と、政党役員、鈴木聡氏(68)=共産=の2人。一騎打ちの激戦を展開した。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
茨城県知事選挙
当日有権者数 投票者数 投票率 開票率 速報時刻
2400084  761736  31.74%  100.00%  22:30現在 

当落 票数  候補者名 年齢  職業  政党 公約・略歴
当 489832 橋本昌 67 知事 無現 公約・略歴
  257625 田中重博 66 元茨城大副学長 無新 公約・略歴


◎今回の投票を見ていると筑西市において自民勢力(いささか驕りがあったようだ)が絶対優勢とは限らないことが分かった。筑西市民は利口(実績がある人を選んだ)だった。
ただ、どちらも共産党(系)の伸びが著しいことには驚いた。茨城県は2兆円も赤字を出しているのだから、知事も自重して、赤字を減らすことですね。

◎若い政治家も良いが経験不足のところが多いので、困難な時代にはやはりキャリアと信念を持った政治家が必要です。
by momotaro-sakura | 2013-09-27 07:46 | ブログ

早朝散歩・筑波連山

e0009760_7395247.jpg

e0009760_7395214.jpg

e0009760_7395229.jpg

今朝は加波山から太陽が出る瞬間を撮りました!桜川と筑波連山も付け加えました。
by momotaro-sakura | 2013-09-27 07:39
e0009760_801799.jpg

今朝、庭を散歩し何気なくふくら(もちの木)を見たら一ヶ所のみ黄金色になっていました。
天皇の笏の材質はふくらを用いる 。通常の笏は櫟(一位・飛騨の国伊山産が最上)を用いる。
by momotaro-sakura | 2013-09-26 08:00 | 我が家のガーデニング/近郊周辺