その二

私もこの年になって勉強の意欲が出てきたのが妙な感じがします。好きな事を学べることは、無上の楽しみである事と思います。今になって時間の大切さを知りました。

 兄貴がなくなる前、私に「時間を無駄にしない本」を「この本を読め」とくれた事がありました。其の時は「人生って無駄の積み重ねだ」と突っ張っていたが、今思うと亡兄の言う言葉の方が真理をついていた。

 今の学生も時間が経つと遅かれ早かれ解る時期が来るはずです。昔から授業中の居眠り、遅刻したり、代返したりはあった。・・・今はこれらに付帯して携帯電話がかかってきて外に出る学生と授業中のメールの使用が多くなったとの事。

 此れが今風学生気質なのか?「少年老い易く学成りがたし」何時の世もこの様な傾向はあるようだ。

 もう一つ加えれば学生の幼稚化にもあるでしょう。親の過保護、社会の過保護によって本人の自立心が全くなくなっている学生が見受けられる。昔は男には男らしさ、女には女らしさがあったが今はそのらしさが無い。

 乳幼児の頃は男だか女だか外形では解らない時期があったが、まさにいまの学生はその延長線上にあるような気がする。本を読むと自我の目覚めを覚えさせるので、今の学生は平均的に読まない方だから、もう少し時間がかかるでしょう。
# by momotaro-sakura | 2005-07-17 11:03
「休講と補講」     10日間のエジプト出張お疲れ様でした。ミイラのCTスキャンのだんとりは如何でしたでしょうか。来月はエジプト考古学長官のザヒ・ハワス博士が來日との事ですので、多忙な毎日を送って居る事と思います。

 教授の心しらずの学生が多いのに驚いた。私が学生の頃は休講、補講は年中ありました。ましてやたった一週間以内の補講ぐらいの事で目くじらを立てる学生が居ると知って驚いている。まるで大学を小学校か中学校の延長ぐらいに思っているのでしょう。私の時代でも、高校までは知識を憶えるだけの勉強ですむが、大学は己の物の見方考え方を研究する場であるところだと教わった。

 ところが今は資格資格で本来の勉強の目的を忘れ就職の為の勉強の場と成り下がってしまった。まさに今の大学は昔の専門学校がやっていた事を遣っているようです。早稲田大学構内を歩いて思ったが昔の学生と比較すると今の学生の方が小粒に成った感じがした。昔の早稲田大生の方がもっと威厳があった。

 教授の言う大学観は私たちの余裕のあった頃の大学生の考え方で、こんなにも就職率の悪い時代にうまれた子供らは親に小言を言われながら勉強している時代だ。本来は可哀想な子供らだと思う。だから毎日のように起こっている親殺しが多いのだ。七人に一人は子供も親もうつ病にかかっている時代だ。本当に恐ろしい時代ですね。

 この様な社会では学生もセカセカして学生らしからぬ学生が多い事です。今や大学は昔の専門学校のようになり、是からは大学院が昔の大学にかわるのでしょう。今回の教授のブログを読んでいるとまるで、中・高校生徒を教えているようです。これでは教える側としても歯がゆくてしようがないでしょう。ここで教授のおはこの「渇!」を入れるべきです。
# by momotaro-sakura | 2005-07-16 23:31

おもいでブログ

私が高校を卒業(39年)した時の秋に東京オリンピックが開催された。戦後19年経ちいよいよ日本も成人となり、国際的にデビューする時代となった。40年代に入りだんだんうなぎ登りの昭和の大景気に入った。・・・景気、・・・景気ともてはやされ、仕事はどんな仕事をしても失敗はなかった。私も計算どうりにお金も蓄積できた時代だった。

 48年の秋から第一次石油ショックがあり大手の造船所に影響が出てきた。それから50年の第2次石油ショックがあった。この頃の時代から公務員希望者が多くなってきた。このときの膨大な国債の発行が今でも大きく影響しているのです。30年間も影響があるんですよ。この間の突破口が土地のバブルなんです。48年からすでには入っていたが・・・。国も大蔵省と銀行そしてデベロパーに60年の国債返済のための軍資金調達のためバブル政策を決行した。永田町界隈のホテルが溜まり場となり日本国中の土地が値上がった。

 もともと価値の無いものが値が上がるのだから、下がる時はたまったもんじゃない。第1次石油ショックより32年たった今は戦後60年となっていた。私の20ー28才頃迄の日本は飛ぶ鳥を落とす勢いだった。過去を思うと急激に繁栄した経済は落日の陽のようにまたつるべ落としのごとく、落差が早いものだ。今後はエジプト5000年の歴史じゃないが、如何に日本の環境をリサイクルできるかが問題です。そうしないと日本も5000年後は砂漠になっています。
# by momotaro-sakura | 2005-07-15 22:39
エジプトレポート その4 NHK国際放送について近い将来日本人も外国で過ごす人が多くなるでしょう。今や日本のビジネスの世界も外国に市場を探し求めていく時代になって来ました。日本が不景気なら景気のよくなる国に行けば良いのだから。外国に出て利益を日本に持ち帰えれれば日本は金持ちになるのだが・・・大なり小なり日本のためにはなるでしょう。

 その様な観点からでもNHKの国際放送は日本のPRにもなり、外国に居住している日本人の郷愁・寂しさもまぎれる事になる。昔ヒルトン時代の上司でシェフのポールミューラー(のちに新宿の京王プラザホテルのシェフになった、当時の契約金が2000万円だった、プロ野球なみだ)が言っていたのを今思い出した。「私は現役の時代は世界を駆け回って稼ぎ、その貯蓄で故郷に帰って小さなレストランでも出して老後の生活をする」。当時はこれだけの人が小さなことを考えているのだなと思ったが、今思うとなかなか含蓄のある言葉だ。さすがドイツ人だ。今まさに日本もその時代にはいった。35年前の話だ。。
# by momotaro-sakura | 2005-07-15 19:38
# by momotaro-sakura | 2005-07-15 01:14

言葉とは?個人用

 今朝の朝日の天声人語を読んで感じた事を記します。
「世間づれ」について10代では「世の中の考えから外れている」と答えた人が6割いた。
本来の意味では「世間を渡ってきてずる賢くなっている」であるが、この方を答えた人は1割強だった。60歳以上では6割強に達した。やはり年かさが増すほど増える。人生経験を積みながら、この句を実感してゆく様がしのばれる。しかし、一方で、この年代でも、「世の中とのずれ」と答える人が、2割近くいた。人にはそれぞれの人生の生き方があります。人生の辛苦辛酸を味わった人は前者であり、順風満帆な人生を送ってきた人は後者であると思います。断定は出来ないが、言葉の使え方捉え方はその人の人生の経験の違いにより多少違ってきます。

 柳田国男は言ってます「日本語を以て、言いたい事は何でも言い、書きたい事は何でも書け、しかも我心をはっきりと、少しの曇りも無く且つ感動深く、相手に知らしめ得るようにすることが、本当の愛護だと思っている」

 私の生き方を素直にブログ出来る時代のチャンスを居た事は果報者と思っています。
 ライブドアの堀江君が言っている時代は間違えなく早かれ遅かれ目の前に来ています。

 商売の神様は常に「余裕のある人」のところに廻ってきます。
 「先見の明」は商売人にとって必要欠くべからざる言葉です。この年になってようやく味わいのある言葉になってきた。
 
# by momotaro-sakura | 2005-07-14 11:30
エジプトレポート その1 アラブ人の避暑地 吉村教授が無事日本に帰られまして良かったです。7月7日イギリスでのテロ事件があり、スワッ!!ジエット機が乗っ取られるのではないかと心配した。 アラブ人の避暑地は大金持ち(A)ランクがヨーロッパで、金持ち(B)ランクがカイロ・ベイルート、普通(C)ランクが中国、香港であるとは知りませんでした。勉強になります。普通中国、香港あたりはかなり離れているから、Bランク辺りになると思ったが、意外や意外Cランクなのだ。カイロやベイルートには旅行した事が無いがカイロには他国には無い良さがあるのかも知れない。ブロムによるとイスラム人は大変臭いそうですが、昔私が知っていたインド人も同様でとても臭かったです。オーデコロンをバッチリ振り掛けるので体臭とその臭いで料理なんて、とても食えたものではなかった。ましてタバコの臭いとのブレンドは最悪ですね。
# by momotaro-sakura | 2005-07-12 23:19
1970年以来日本人は中流意識は変わらないらしい。90パーセント以上は未だに持っているそうだ。意識を持つ事は自由だが余裕のある人と余裕の無い人との差は天と地の差が有る様だ。ところで全国の平均所得はH・16で6,360,336円です。持ち家61.2% 部屋のスペース67平方メートル(20.1坪・・・畳42畳)だ。因みに私の付近の給与は3,600,000円だ。この差はなんでしょうか?ここら付近の人の敷地面積は100-600坪くらいの人が多い。建坪も30-70坪、所得は少ないがみんな其れなりの生活はしている。車は平均台数2-5台はあるでしょう。都会と違った贅沢はしているが先端商品は余り使っていないのが実情だ。パソコンもお子様の居るところは1-2台は入っているし、我が家でさえパソコン3台、プリンター3台、パソコン専用大型コピー機1台、車は4台、敷地は約1000坪、家屋は別邸を入れて90坪だ。我が家を自慢するようですが、商売に使っているのではなく余暇勉強のために使って居る。こんな田舎でも此れだけのものを使う時代になったと言う事です。私も田舎に居るから此れだけの生活が出来るもんだが今の私の収入では東京では到底無理でしょう。

 10年後は田舎でもパソコンを自由自在に活用できれば間違いなく暮らせる生活できると思う。所得金額に左右されずに、出すのをおさえれば何とか生きて活けるものだ。自給自足の生活が出来る事が田舎ならではのものだ。東京より田舎は交際費が掛かるが、其れを押さえれば鬼に金棒だ。
 しかし余り中流意識に拘ると生活に無理が出て、見栄を張る人に特に最近破産者が多いので警告します。600万円以上の所得者が中流ですから、それ以下の人は下流者ですから余り無駄使いをせずに、何事も謹んで生活しないと今世紀は生き残れないと言う事に成ります。今小泉首相がやっている事はこのような貧富の差をどんどん作っているのですよ。アメリカの手先になって国民の財産を巻き上げるのが彼の役割であり、平蔵はかれの手下です。其の代償が彼の長期政権です。金には不自由無しの4代目ですから、何かやらないとご先祖様以上に成れないから彼は彼なりに頑張っているんだ、わき目も振らず猪突猛進に、事業家だったら成功者だよ。まるっきり国民なんか忘れてしまったんだ。其の為に国民不在になっているんだと思うよ。
 次元を高くして今まで彼のことを考えていたが、私と同じくらいの人だから、この時代の物の見方考え方はさほどわたしと違いが無いと思う。私も学生時代議員会館でアルバイト〈日本医師会系代議士、地元参議院議員、地元代議士)をしていた経験がありますが、かなりいい加減な世界ですよ。昔医師会(武見会長)が強かった頃の代議士だから凄かった。其の頃、彼小泉は大学を卒業した頃じゃないかな。私の兄貴ぐらいの年だと思うよ。私の次兄が早稲田大学政経学部政治学科大学院に行っていた頃の話だから。兄の友達が地元代議士の秘書をしていた関係でアルバイトが出来た。葉書は手書きだからかなり疲れたよ。しかし、デナーは赤坂プリンスホテルの旧館(元公爵の邸宅)でご馳走のなった(この時ホテルに入ろうと決心した)。ブログも書き出すと次から次へと泉の様のように昔の事がわたしの脳裡を駈け廻る。

 サラリーマンの皆さんの余禄の残業もこの内閣は法制化〔残業は払わなくても良い〕しようとしてるんですよ。知らないでしょう。サラりーマンはこれからは企業の奴隷と化するでしょう。高度成長の時代、労働組合運動がたけなわだった頃ベースアップが毎年10000円台だった。その頃企業家は苦渋を飲まされたのでそのしっぺ返しが今の時代になって、残業なし、ベースアップ少々と成ったのです。昔を考えたら今のサラリーマンは最低な労動条件です。サラリーマンの皆さん本当に怒らないと、企業の奴隷になります。また高給を取っている方は超重税になる。どちらをとっても良い事無しです。日本も30年位は国民全体がいい思いをしました。其の付けが今後大きく廻ってきたのです。。下流意識で生きていけば必ず中流になれるから質素に生きよう。エジプトのピラミッドは今から5000年前の遺産だ。都会化されず慌てずゆっくりと進む事が出来たから今まで残ったのだ。云いたい事を書いたら胸がスカッとした。ストレスが多い時代です。言いたいことを云えなかったら病気になりますよ。
 
# by momotaro-sakura | 2005-07-10 22:00
エジプトに行ってきますサロンド・作治で報告を見ました。ご無事のようで何よりです。でも一緒にのっていたイギリスで降りた人達は7月7日のテロに遭遇した事と思います。暑いけどエジプトへ行ったほうが良かったかも知れない。暑い中彼方此方ら飛び廻っているようです。熱中症にも罹った様ですのでお体に留意してください。教授だけの体では無いのですから。今日は10日ですので、無事に帰国される事を祈っております。
# by momotaro-sakura | 2005-07-10 18:57
「貧乏人はパンなんて食べなけりゃいいのよ」7月7日、日銀の発表では景気回復のニュースが伝えられた。企業のみの景況感によって判断されたものだ。一方、同じ日に55.8パーセントの国民は生活が苦しいと一新聞は報道してます。この発表の裏は、増税目的しかありません。市町村の合併の次は増税なんです。政治家・行政の無駄使いがこの結末なんです。国民はもっと怒るべきなんです。めいめい子山羊のように泣いてわめいているばかりじゃ、毛は刈られ丸裸になっちゃいます。近い将来必ず超増税時代が到来します。其の為には国民はしっかりしなければ成らない。

リッチな政治家が貧乏な国民を知るわけが無いのが本音だ。政治家の世界は票か金だ。そして総理か大臣が夢なのだ。立身出世が夢で国民は其の道具でしかない。これがこの世界のとうり相場だ。政治理念のある政治家はすでに干されているよ。この人達はネクタイやくざで本当のやくざより怖いですよ。国家権力というものを抱えているから。増税をすることで又ガードを強くする。またまた増税で完全に国民を奴隷化していくのだ。見せ掛けは民主国家だけれど実態は徳川時代と変わらない世界となる。農民がサラリーンマンに変わっただけなのだ。昔は百姓一揆、今はサラリーマン一揆でもやらなとトップは絶対に判らないよ。今本当の労働者の中から生まれた政治家が何人いますか。

 やたら今は世襲政治家が多すぎて政治家もサラリーマン化しているんだ。命を張って国民のために尽くす政治家なんて稀だよ。財政が赤字になれば増税する。会社が赤字だからと言って値上げするのと同じで、愚の骨頂なんです。何時の時代でも脳の無いおろかな政治家はすぐ増税です。そして国民の反感を買って失脚する。これもまた歴史が教えています。政治家よ、モット勉強をしてください。自分らのサバイバルな勉強ではなく、国民が一人でも多く幸せにしてあげられる勉強をしてあげようじゃないか。                                           4月中旬上空にて
# by momotaro-sakura | 2005-07-10 10:43
私が世話をしている老人夫婦の事だが、昨日其の夫婦の亡母の17回忌をした。二人とも別々の施設に入所しているので、先ず夫の方から迎えに行った。一つの施設は筑西市の外れなので遠くにあるが、時間は前もって知らせていたので、夫のほうは時間通りに待っていた。車に乗せ妻が居る加波山の麓のS施設に向かった。この間の距離は結構あるものです。この道路沿えや風景は風光明媚で関東平野の中でもきれいな風景の一つでしょう。加波山の麓の施設に着いた。

 この施設の病院はむかし結核患者の療養所で全国津々浦々から患者が来た。初代院長さんは昨年の暮れNHKのアーカイブスでも紹介されたほど名声を得た立派な方です。妻の方はこの施設の上階に居るのでエレベーターに乗り迎えに行った。先方は外出の支度をして待っていた。出掛けに其の妻は引き出しを開けて何かを隠しているような感じだった。「何をやってるんだ」と聞いたら「おかしいのがいて物が盗まれるから隠してんだ」と答えた。私は今日はちょとおかしいなと思い、「誰も盗む人は居ないから大丈夫」と言ったら「其れが居るんだよ」と答えた。顔と目を見たら顔は引きつっていて目は座っていたので季節の変わり目でおかしくなっているなと思った。この状態が去年はもう少し早く来たんだが、今年は季節がずれている為か遅くなったんだなと思った。

 車に乗る時夫の方が先に乗っていたので、妻が乗る時夫に挨拶を交わしていた。ところが車が動き出すと同時に施設内で起きた事をべらべら悪口を言い始め止まんなかった。常日頃、この病気は攻撃性のある症状を出すので、其の兆候が見られたらおかしくなっていると思っている。丁度今日も興奮しているなと思いながら走っていたら新しく建てたお墓に着いた。墓前にお花と線香と水をあげて先祖と亡母を供養した。二人で仲良く写真を撮ってその場を去った。其れから私の家に立ち寄って冷えたスイカを食べた。美味しいととても喜んで雑談した。昨日の雷雨での雨上がりの庭園は眩しいほど緑がきれいだった。其の後、増渕家と一緒にしてある仏壇に二人の先祖と亡父母の位牌に線香を挙げた。

 ただ玄関から下りるとき多少の段差があったのでこけて尻餅をついてしまっ。慌てて抱き上げた。「あれ随分足が弱ったな」とおもった。ここから異常が始まったんです。昨年4月に自転車に乗って転げて頭を打ったので脳内出血を起こし県西病院に入院した過去があった。其れによってパーキンソン症候群に罹ってしまった。其れから車に乗せ走り出すと妻の方が妙な言葉を言い出した。何か後ろの座席でブツブツ言い出したのです。よく効いてみると隣にいる夫を本人ではないと言い出したのだ。替え玉を使って私を騙そうとしているとか。かなり物騒な事を言い出しはじめた。私は夫には悪いが妻に再三再四「となりに居る夫を本人で無いと本当に思っているのか」と聞いた「間違いない」と返答した。私は二度ビックリして驚いた。

 世に言う「認知症」ってこの様な状態になることを言うのかと・・・此れじゃ隣に居る夫はビックリする。特に夫は口を開けたまま呆然としていた。余りがっかりしてショックで又おかしくなられては困る。直ちに車中から施設に電話して妻の方を先に返した。夫の方は施設に着くまで一言もいわなかった。別れに「心配するな」と言って分かれたが、言った私が頗る複雑な思いがした。

 認知症は今までは痴呆症の事でしたが、今日TV・新聞などで年中騒がれて人格の尊重を大事にする意味合いで名称が変わった。此れが認知症という病気かと思うと、この人たちを看護している人は如何に大変なのか判ってきた。兎に角人格が別個に成ってしまうのです。今回は初めての体験ですからビックリしましたよ。しかし人の話では認知症は良い時と悪い時があるようです。この件の体験をなさっている方のブログを望んでいます。宜しくお願いします。
# by momotaro-sakura | 2005-07-09 04:09
エジプトに行ってきます7月1日に出発して早や一週間経ちます。そろそろブログを待っているのだが、かなりお急がしいらしくお便りがありません。ミイラのCTスキャンの段取りが大変らしい様です。多額の費用が懸かるようなのであちこちらのTV・ラジオ・講演会・書物の販売とエネルギッシュに飛び回っています。そのような場に出会いましたら皆さんご協力をお願いします。
 
 もうすでに70億の費用が懸かっているようです。ツタンカーメンより800年古いミイラが完全な姿で発見されたことはエジプト史学史上歴史に残るとても重要なことなのです。今世紀始まって以来の大発見なのです。

 今回は多額のお金が懸かると思います。CTスキャンニング、ソフトX線、物質分析、医学的所見などの科学的検査を行いたいと言つてましたから・・・
  今回発見された人物はセヌウと言います。ファラオのように歴史の表舞台にでていたじんぶつでないので、暗殺といった劇的な事件が背景にあるとは思えないが、今から3800年前の貴族の生活や人生についての情報が幾つかいられるとの事です。
# by momotaro-sakura | 2005-07-07 21:13

7月7日に思うこと

       7月7日は七夕の日です。そして兄貴の誕生日の日でした。子供の頃から、七夕と兄貴の誕生日は一緒だったので反射的に今でも思い出されます。この葉書は兄貴のオックスフォード時代の写真で母に書いてきたものです。兄貴も亡くなって9月24日で7年目になります。今生存していれば68歳になります。私と九つ違いであるが兄というより親父という感がしました。父が早死したので親父代わりなのです。言う事の聞かない私等を面倒見て頂いた事を、今になってあり難く感じるものなのです。人間感謝の念が出来た時は親はいないと言うがまさに其のとうりです。小さい頃はこぶが2つ3つ同時に出来るくらいぶんながられて育ったが、お陰さまで誰よりも根性だけは負けない男になりました。余り殴られたので頭が少し悪くなったが世の中は丁度私くらいの頭が合っている様だ。お陰さまで不景気に強い男になりました。今は感謝の念で一杯です。

 従四位勲三等瑞宝章は増渕家にとって何よりも勝る宝物です。この近辺では五等・六等ではしゃいでいます。今は等級をなくした様だが兎に角何百人も集めて今でも大宴会をしています。田舎で勲章を貰うという事は今でも最高のものなのでしょう。生きていれば兄貴は70歳過ぎるともらいますが、今回は死亡したので早めに貰いました。家宝としてとって置いてください。
# by momotaro-sakura | 2005-07-07 18:17

郵政民営化法案に思う

 成るようになったと言う感の郵政民営化だが、この白々しくも後味の悪さは何なんだろう。結論は12年後以降となるが、次世代の人たちを考えると現政治家の日和見的な言動が明日の日本を暗くする要因となるでしょう。天声人語には郵便制度を創った前島密のことが書いてあったが果たして未来の郵便局はどうなって行くのでしょうか。コンビニが郵便局に変わちゃうのかな?コンビニでは山奥までのサービスは出来ないでしょうね。15-20年の間に間違いなくいろいろな摩擦が出てくるよ。ようやく地方の時代が来たと思っていたのに恐らくまた20-30年後は都市部に人口が集中していくでしょう。そして地方はより過疎化が進むでしょう。郵政法案賛否の差は僅かだったが、余りに自民党もよその党を意識しすぎて茶番劇が多かったので、最初からの筋書きになったとの感がした。

 この郵政民営化はこの裏に何百兆もの莫大なお金がある事を忘れちゃいけないと思う。わたしが何度もブログしているように裏でアメリカが禿タカのようにこのお金を狙っている事です。既に400兆と言うお金を安保の代替に日本は米の国債を買っています。日本は今や600兆しか余裕金がないのです。我々にとってこのお金は莫大な金であるが、しかし一企業が一兆円の利益を出す時代だから、けして先進国家としてのお金としては余裕のあるお金ではない。今後は老後の年金を国家の借金のために分盗られ年々、年金はダウンしてしまいます。「転ばぬ前の杖」とか「備えあれば憂い無し」とか古い諺があるが今の日本は「転んでからの杖」「備えなくて憂いあり」の国家です。さて皆さんはどう思いますか。
    
# by momotaro-sakura | 2005-07-06 11:02

大変失礼しました

エジプトに行ってきます (株)アケト 講座事業部御中 さっそくのお叱り有難うございます。6月22日のブログでアケトさん指摘どおりの箇所は削除しました。今後気をつけますので宜しくお願いします。
# by momotaro-sakura | 2005-07-06 03:18