大変失礼しました

エジプトに行ってきます (株)アケト 講座事業部御中 さっそくのお叱り有難うございます。6月22日のブログでアケトさん指摘どおりの箇所は削除しました。今後気をつけますので宜しくお願いします。
# by momotaro-sakura | 2005-07-06 03:18
皆さんお元気ですか。ブログ始めて一ヶ月経ちました、ようやく自分のブログを開設しましたので気楽に私のブログにインして下さい。今兵庫県川西市けやき坂を上空から眺めながらブログインしてます。今まで気がつかなかってごめんなさい。この前大惨事を起こしたJR福知山線を利用してたんですね。「JRかわにしいけだ駅」の先で起こったので皆さんも胸を撫で下ろしたことと思います。亡くなられた人には甚だ失礼だが、私も改めてホッとしました。ところでゴルフ場が沢山あるのに驚きました。私の周りにも沢山あるが、負けず劣らず有るようですね。此れじゃ毎週ゴルフ三昧なのが分かります。
 
 私の方はゴルフが出来ないので〈腹を捩れない)、毎週東京通いです。美術館巡りと早稲田大のオープンカレッジで吉村教授のエジプト考古学概論の講義を一年間受講(4-12)してます。前期は6月30日で終わりました。後期は10月6日からになります。三ヶ月通ったことで感じた事は、54000人余の学生を潜り抜けていくと、年を取っても青春時代を感じます。よく橋本とは新宿の歌舞伎町で反吐を吐くまで飲んだよね。昔とはかなり様相が違ったが、結構思いださせる場所があるよ。西武新宿駅はまるっきり変わちゃったよ。東口の広場はちょっとせまくなったがたびたび公開ライブをやっている。ギャルの溜まり場だ。南口は高島屋ができ、西口は小田急、京王デパートが相変わらずある。小田急の屋上のビアガーデンでよく飲んだ。あの頃バケツジョッキがあって、何杯かお代わりしたこと覚えている。

 西武新宿線の新井薬師駅の近くの寿司屋菊鮨にはよく食べにいったよね。あの「おにいちゃん」はフランスへいったんだよね。とにかくあの寿司屋旨かったよ。今まででもあの寿司屋ほど旨いところがなかった気がする。値段も高かったが・・・。学生時代は随分食い道楽をしたと思うよ。昔あれ程飲んだり食ったりしたんだから、今の私はなるようになったんだよ。

 秋になったら日光を案内してあげるから、宿は鬼怒川温泉にでも泊まろう。計画しておいてくれ。だんどりは此方でやるから。楽しみにして待っているよ。
 宿泊ホテルは吉村教授が講演するところを予定してます。ホテルの案内はブログ「エジプトへいってらしゃい!」を見てください。
# by momotaro-sakura | 2005-07-05 22:16
 きのうは体調が頗る悪かったので、前もって午前11時に予約をしていた下館の稲荷町通りの「さくら健康堂」(25-6680)に再度電話をした。時間前に到着したので、治療をして頂く前に15分位足風呂にはいった。やや熱めの42度くらいの設定で入ったのでかなり血行が良くなった。その後先生に治療をしてもらったので今まで頗る悪かった体調がガラリと変わった。腰と腹をマシンで温めて頂いたので感謝感激です。他の院では通常やってくれませんよ。1時間余の治療で4000円はとっても安いです。待っている時間や終わりにはコーヒーやお茶のサービスがあり、後1000円くらい多く払わないといけないのかな?、と思うくらいです。私は通常を口うるさい男で通っているのでこれはホントの話です。是非近くの人は体験して見て下さい。きっとご満足いくと思います。
 
 そこで今日感じたことを一筆します。先生から聞いた話ですが人間の体は活性酸素を出さないように努力すれば健康は長期的に保たれるということです。怒ったり、くよくよしたり、物事を悲観的に考えたりその他諸々事のストレスを感じると、体の中に活性酸素を発生する要因になるとの事でした。私は「なるほど」と思い今日からの人生を活性酸素を出さないように心がけることにした。この先生も過去に体調をくずし長期療養生活をおくったようですので、こころから自然にでた言葉として聞きました。私も二年間の療養生活をしたので、先生のおしゃる言葉が実感できた。有名人ばかりが師匠ではありません。人生至るところに師匠はいるものです。きっと皆さんの周りにもいますよ。
東山魁夷画我が家のひまわりと天気草
# by momotaro-sakura | 2005-07-05 09:24
エジプトに行ってきます 6月30日の授業で前期は終わりました誠にありがとうございました。,後期は10月6日からの再会を楽しみにしてます。今日は6時ごろ起きて日本を出発するといってましたので夕方ごろまでには到着すると思います。お仕事もすべからく成功裡におさまるようお祈りしています。来る9月5日1泊2日鬼怒川温泉でのトークショウ/サイン会を楽しみにしております。それでは再会できるまでお元気で・・・・
# by momotaro-sakura | 2005-07-01 16:04
群馬キリン会 教授が「サインハンター」に東京駅で出会って不愉快な思いをした・・・と28日にブログしていましたが、他のタレントさんから見ると贅沢な話です。サインハンターに会うこと自体普通の人は考えられないことであります。ましてやあのマンモスの東京駅で出会うということは教授がいかにマスコミのなかに入り込んでいる証です。教授は人気タレントになちゃたんです。

 最近TV.ラジオ、講演、エキサイトブログ、3800年前のミイラの発見、その他でかなり有名になっていますので、起こりうることがおこっただけです。昔のことだが私が勤めていたホテルに『ビートルズ』が宿泊したときは10階オール貸切でファンがきてガードが大変だったと聞いています。ごく最近では「ヨン様」が泊まったようですが・・・。兎に角有名人になると予想もしなかったことが次々起こりますよ。昔私が昭和天皇の接待したときは戒厳令みたいなものだった。教授も有名人ですからボデイガードはいざと言うときの危機管理が出来て、機敏性のある人がいいですよ。茨城のかた田舎でも教授は有名なのですよ。一般大衆は早稲田の大学生とは違います。大学構内のつもりで態度を硬化すると教授の身に危険が迫りますので気をつけてください。

 教授のファンは群馬キリン会のような礼儀正しい人ばかりではないですよ。TVやラジオやインターネットで教授を知ったミーハー層のファンもいるでしょう。教授には確かにファンを選ぶ権利は有ります、しかしこれらの層も教授を選んでサインを求めています。奴らとは言わないで、やさしくかわしてあげてください。

 最近、何故?小泉首相の40パーセント台の人気は、右翼へのおべっかと戦争で亡くなった家庭を味方にしているからだそうだ。これでは学者である教授と小泉首相とを比較することは出来ません。何故なら「夢が違う」と言うことです。教授の目は学者の目できれいです。小泉の目はまるっきりコンコン狐の目ですよ。普通アレだけツパッテいると殺されてしまうのだが、干されない殺されないところを見ると日本の右翼とアメリカのパワーのバランスをとっているようだ。だからアレだけの事を言いのけられらのだと思う。

 昔言いたい事を言って中国とアメリカより先に国交結んだがため、田中首相はアメリカに干されてしまった。また労働者の親分だった浅沼稲次郎は右翼に刺されて死亡した。今までの日本の歴史の中での政治家の失脚には色々あるが、自分なりの信念を持っていいたいこといっていた政治家はかなり死んでいると言う事実である。

 さすが小泉は4代続いた政治家に生まれているから違う〔ほめ殺しのようだが・・・〕、右翼やアメリカが怖さを十二分にわかっている。人は怖さをクリアすると強くなります。小泉の信念は有るんだか無いのかさっぱり判らん、これが彼独自のパワー&バランスかも知れない。果たして元大統領補佐官のキッシンジャーのお株をとれるかな?

 
 
# by momotaro-sakura | 2005-06-29 02:53
「近くてTALKは談志の仲」   ここ教授のブログのなかで私なりに気に入ったものを4つばかりあげます。そのブログは「気配りを大切に」「循環型の社会」「国益・国民益」「ひめゆり入試問題」の4つです。どれをとっても今日本人が忘れていることばかりなのです。戦後の60年の間にかくも「物の見方考え方」が変わってしまったのかと、しみじみと己の齢(よわい)を感じました。「忘れる」という言葉は其の裏に「もう一度くりかえされる」と言う縁語も隠されています。

 同世代の小泉首相と私の考え方が最初は同感するところがあったが最近まるっきり違くなってきたことだ。4代続きの政治家の家に育っているので周りからの何かの大きなささえがあるのか、あるいや、本当のおぼっちゃんでわがままで人の言うことをきかないだけなのか。

 昔国会議事堂の裏の日枝神社の側のホテルに勤めていたので、政治家の裏をまざまざと見させてもらいました。今回のバブルの発端、特に地価の高騰はこのホテルで仕掛けられたのですよ。この裏には米軍将校のホテルがあるんだ〔今はどうなったかわかんないが〕。いま小泉首相は神社の側のホテルの地下の床屋さんであのライオン髪をセットしているんだ。私も昔1度だけかかったことがあった(宿泊すればかかれると思います)値段相高くないです。

 兎に角小泉さんの最近の動きを見ていると、この周辺の〈上記のホテル付近)戦j後のGHQの将校たちの亡霊が今でも浮遊しているような気がします。彼の先祖は日本国民を騙し続けて生きながらいてきた人達なんだと思う。そうでないと4代も政治家は続かないよ。いまさら彼は国益、国民益なんてこれぽっちも考えていないですよ。日本はとりあえずアメリカに我々国民のお金100兆円位をプレゼントして、その見返りに、今後の世界において日本の企業のボデイガードとしてアメリカが支援する。日本の企業はアメリカに会社つくり、アメリカから世界進出を狙う羽目になる。吉村教授が日本は「イギリス国家のようになってしまうよ」と言うことが良くわかる。其のうち国内企業はアメリカ資本になってしまうよ。

 美濃部都政の時代「東京に青空を・・・」労働組合の最高な時代がありました。我々も賃金アップのために闘いました。毎年15000円前後のベースアップがあった時代でした。日本もようやく独立国家として世界に認めらる時代になってきた頃です。日枝神社の前にTBRがあり其の前のホテル敷地内で500人くらいでシュプルヒコールをしていたら、アメリカ人のお客さん20-30人が玄関ロビー内で騒いでいるのです。其の頃のこのホテルは8-9割は外人客でした。我々もビックリして一時コールをやめました。そして玄関のロビー内をみんなで覗いたら、何と「軍隊をつれて来い!!」「軍隊は何をやっているんだ!!」と顔を真っ赤にして騒いでいるのではないですか。凄いパニックでした。この時ほど驚いたことはなかったね。

 戦後27,8年経つのにアメリカ人は日本人をまだ信用していないのだ。表面的にはハローなんて言っているけれど、所詮日本は敗戦国でアメリカは勝利国なんだということがしみじみ判ったね。パールハーバーは忘れていないようだ。其れが今でも続いているんだと思うよ。アメリカと言う国は本当に恐ろしい国家、執念深い国家だよ。ところで会合はお客に騒がれては他のお客に迷惑がかかると言うことで直ちに解散したよ。哀れだったよ。

 この頃元中曽根首相(当時は防衛長官)はよくこのホテルに遊びに来ていたね。河池会の事務所がホテル内にあったので、また米軍将校のホテルもあったからね。この様な現実を知っていたか知らないかアメリカにピッタリついていたから今の彼があるんだよ。小泉さんもこの様な現実を自分の環境(4代政治の家庭)のなかでおぼえていたのかまた彼をモノマネしているかだね。ただ企業のために国、国民は売ってもらいたくないね?
# by momotaro-sakura | 2005-06-28 00:16

教授が忙しいわけ・・・

テレビ出演について   吉村 教授のことを大学教授よりテレビタレントと勘違いしているんでしょう。毎日教授のブログを読んでますが、日本国中駆け回っている関係なのかバラエテイにとんでいるのでとても楽しく読んでます。学外で月8-9回の講演に、テレビ、ラジオ等で5-6本、大学は月32コマで週8コマのうち6コマは英語でスピーチの国際授業ですから、スーパーマン並みです。学生のとき山岳部で体を鍛えた聞いておりますので通常の人よりも粘りと根性、また頑張りがきくのでしょう。私の先輩にマッキンリーで亡くなった植村直美さんがおりましたが、わたくしは彼の冒険野郎のスピリットが好きで困難にぶつかるといつも思い出し励みにしていました。

 いま早稲田大学でオープンカレッジの講義を受講していますが、いつも私が座る場所は教壇のすぐ下なので、いつも教授のジョークや叱咤と激励を甘受出来る立場にあるのでとても光栄です。6月30日で前期の講義は終了で後期は9月29日からです。その間に9月5日は鬼怒川の東急ハーヴェストクラブ鬼怒川で1泊2日のトークショウ&ディナーショウがあるようなので是非参加するつもりです。7月の上旬、8月の下旬にはエジプトにいく様ですので、こんなに世界を駆け回っている大学教授は私の兄も某国立大学の教授でしたのでわかるが日本では数少ない方でしょう。

 鬼怒川温泉は私の家から近いので数拾回位宿泊しました。東急ハーヴェストクラブ温泉には泊まったことは一度も無いが、昔忘年会は毎年車で鬼怒川温泉の「あさやホテル」に直行していたので懐かしく思います。温泉に浸りながら酒をバンバン飲んでコンパニオンとカラオケを唄っていた頃が懐かしく感じられ、それのよって自分の体を壊したことを頗る反省している昨今でます。又それがきっかけで酒タバコを辞められ教授の講義を受講できたので「災い転じて福と成る」といった具合です。教授には甚だご迷惑と思いますが・・・

 

 
# by momotaro-sakura | 2005-06-27 02:30

はじめのごあいさつ

はじめのごあいさつ   6月25日よりわたくしこと、増渕孝史は吉村教授を手本としてexciteブログに初めて挑戦します。今までパソコンも裁判所の競売物件のみの利用でありました。競売ビジネスもかなり大衆化したので人気も高まっているようですが、何事も破産物件ですから甘い考えでの入札はやめたほうが良いと思います。何故なら破産する人はうつかそうにかかっているから命がけな人が多い。自ら破産しようとしてなった人はほとんどいない。もし競売関係をお知りになりたい方がいましたら私の方にブログしてください。無料で教えます。何十億も土地を買って儲けるにはかなりの度胸や覚悟そしてお金を必要としますが、1000万くらいでしたら余り無理しない買い方です。販売の方法も教えてあげます。ただし競売物件だけは銀行融資は禁物です。 大変余談になりました。昨年より私の娘が臨床心理学の勉強のために早稲田に入学した関係で、エジプト考古学の大御所吉村教授の講義を受けられるチャンスに恵まれ誠に 光栄に思っています。ただ今年だけなのが残念です。私は話すことには自信がありますが、言葉を文章にすることの難しさをしみじみと感じさせます。其の理由で新宿のビックカメラからドラゴンスピーチのソフトを買ってきました。ただ話せば声が文字に変わるがそれを使いこなしが大変です。ブログを書くと言うことはかなり本や新聞を読まないと 単なる日記帳になってしまう。 其れでもいいんでしょうが・・・最初は教授のモノマネなので叱られるかも知れませんまた著作権に触れるかも知れません。其の時は早めにブログ上でお叱りください。私の人生は全てモノマネから始まりました。手をとって教えてくれた人は学校の先生くらいです。仕事は盗んで仕事を覚えろと昔から言われてます。3月の初旬、古代4大文明の単行本を池袋のホームの地下道のkioskで買いました。其の中に環境が破壊されず砂漠化しなかったのはエジプトだけだだと書いてあった。エジプトには 環境破壊されなかった「何かが」隠されているのではないのか?最近やっと教授の講義を聴いて「何かが」が少しわかってきました。田舎で不動産の仲介・賃貸業をやっている関係で日本の環境はかなり破壊されていることがわかります。昨年11月下旬に九州の長崎、熊本、福岡、博多を旅行してきたが道路上ではわからないが山奥ではかなり破壊されていると思います。破壊には見えるもの、見えないものがあるがどちらも甲乙つけがたく、特に見えないものは危険です。わたし達の身近にそういうものが沢山あるのに意外と皆さんはわからないないのが現実だ。産廃汚染物は知らず知らずのうちに、皆さんのからだを蝕んでいます。わたくし達の近くの山奥に入ると産廃汚染物が沢山転がっています。皆さんご存知の筑波山、加波山がそれです。職業柄よく目にとまります。皆さんもご自分の近燐でなにが起こっているのか調査が必要です。自分の生命は人は守ってくれません。これらの産廃汚染物が自然を破壊するということです。エジプトのリサイクルを見習って日本列島を将来砂漠化しないように しましょう。吉村 教授には12月までお世話になります。 今年は 私の「遊びの年」ですので残りの半年間はエジプト考古学とブログに熱中します。来年は現役に復帰します。

◎沼尻和彦ピアノの世界-
お富さん


星影のワルツ


潮来笠


北空港


鳳仙花


小さな竹の橋の下


チャンチキおけさ


真珠の首飾り


黄色いシャツ


桃色吐息


ラブ・イズ・オーヴァー


青い目の人形


赤いランプの終列車


祝い酒


スカボロフェア


かもめが翔んだ日


バラ色の人生


スウィート・メモリー


倖せはここに


明るい街角で


タブー



雨降りお月さん


高校三年生


真っ赤な太陽


大阪で生まれた女


別れの曲


太陽がいっぱい


時の流れに身をまかせ


恋の町札幌


南国土佐を後にして


世界-砂に書いたラブレター~浪路はるかに


ダイアナ~恋の片道切符


メリージェーン


青い影


カレンダーガール


悲しき街角


ヴァケイション





恋人よ


唱歌・港


故郷



オリジナル曲:憧れのチュニジア

キエンセラ~キサス・キサス・キサス

枯葉
悲しき雨音

城ヶ島の雨

赤い靴

母さんの歌

別れの一本杉

いい日旅立ち

日はまた昇る

上を向いて歩こう

酒とバラの日々

夜霧よ今夜も有難う
熱き心に

川の流れのように

禁じられた遊び

ドラマ「冬のソナタ」~はじめから今まで~

エレクトーン:コンドルは飛んで行く
~ウスクダラ

イエスタデー;エレクトーン

下妻一高校歌

ある愛の詩

別れの朝

サントワ・マミー

青い山脈

星に願いを

サウンド・オブ・サイレンス


「涙そうそう」

「タイタニックのテーマ」

# by momotaro-sakura | 2005-06-25 02:26

ご迷惑いたしました

早大キャンパスを歩いて感ずること私も教授の言うオープンカレッジで学ぶ人です。23日は12時ごろ15号館に入り、入り口付近で買った弁当を教室で食べた。其の日は雨が降った後なので外は湿度がたかく蒸していた。6月一杯は冷房しない筈が教室に冷房が入っていてやや寒く感じられた。授業10分前に下の階のトイレに入ったら、入口付近の洗面所で頗る丁寧に手をあらっている学生を見た。用を足す少しの間時間があった。用を足した後、洗面所に戻たっらまだ手を洗っているのだ。手先を見ていたら非常にきれいな手をしていた。其の瞬間それが異様に感じてきた。映画の「アビエイター」のヒロインのハワード・ヒューズを思い出した。彼は極度の潔癖性であった。映画の中で年中石鹸で手を洗っているシーンがあった。其のトイレの学生とヒューズが折り重なって私の脳裡を駆け巡った。頭のいい男はあんなにも神経質に成るんだ。と思っているところに、教授が慌ただしくやや興奮しながら入ってきた。開口一番に「学生がドアのところに立っていて自分で開けようとしないで教授が開けてくれるのを待っていた。」と憤慨して話し始めたので、其の瞬間もしかしてトイレに入っていた学生と偶然にドアで対面したのかと思った。世の中には偶然はつき物ですから。其のときは若しかしたらと思ったが今考えてみると考え過ぎで浅はかな推測であったと思う。とにかく当の得ない答えを出して教授にはご迷惑をかけました。6月30日には宜しくお願いします。 トラックバックURL hht://masubuti.exbiog.jp/tb/44931
# by momotaro-sakura | 2005-06-24 22:56
6月23日は早稲田大学の15号館で吉村教授のエジプト考古学概論の講義があります。
毎週木曜日の午後1時より90分授業です。
授業内容は30分位は発掘秘話からTV出演の裏話、さらには教育論、人生論、国家論に至るまで喋り捲ります。
かなりの毒舌もありタレントそのものです。
そのあとエジプトの講義に入ります。
エジプトは31の王朝に分けられますが、王や神様が沢山いるので頭がこんがらかって理解しづらいです。
オープンカレッジの講義も今年限りですので、休まず通学しています。
是非来年も講義してもらいたいが、かなり忙しいようなので、おそらく無理でしょうが期待はしています。

e0009760_6541985.jpg

e0009760_10281762.jpg

e0009760_10244217.jpg

e0009760_18561660.jpg

e0009760_10162259.jpg
e0009760_10164144.jpg
e0009760_10165517.jpg
e0009760_10171219.jpg
e0009760_10172558.jpg

e0009760_1928639.jpg

e0009760_1441280.jpg

# by momotaro-sakura | 2005-06-22 23:24 | ブログ