不動産買取売却時代~直接買取再販モデルを行う企業「iBuyer」

•(1)査定の依頼をする•(2)買取価格を提示してもらう•(3)買取業者を決める•(4)売却スケジュールなどの打合せをする•(5)売買契約を締結する•(6)残金決済・物件引渡し【買取のメリット】•①短期間での売却が可能•②他人に知られることなく売却ができる•③資金計画が立てやすい•④瑕疵(かし)担保責任が免責される•⑤内覧が不必要•⑥仲介手数料を節約することができる



※東日本橋駅から800M徒歩12分/人形町から徒歩3分~
アメリカのiBuyer企業のうちの1つであるOpenDoor社(

) 現在、不動産売買における中古住宅の比率は、欧米が80%以上を超える中、日本国内では15%に留まっています。また、近年の人口減少により空き家が年々増加し、日本全体としての社会問題になっています。このような状況の中、日本政府は2025年までに中古住宅市場全体を4兆円から8兆円規模へ倍増させるという定量目標を掲げ、税制などの制度整備を進めています。 海外での中古不動産流通においては、仲介会社を一切挟まず物件の売買を行うビジネスモデルがすでに存在し実績がでています。そのような直接買取再販モデルを行う企業は「iBuyer」と呼ばれており、アメリカのiBuyer企業のうちの1つであるOpenDoor社( https://www.opendoor.com/ )は、未上場にして時価総額が1,000億円を超えており、ユニコーン企業の1社として知られています。日本で先駆けてiBuyerのモデルを取り入れ、新しいカタチの不動産会社を目指していきます。~IT企業から不動産業界に関わる中で、「今住んでいる不動産がなかなか売れないために、次の不動産を購入するタイミングを逃してしまった方」、「海外転勤となりすぐに不動産を売る必要がある方」、「離婚して次の生活のために早く不動産を売りたい方」、そういった方々が利用できるサービスが無いことを、業界の課題だと感じていました。また、不動産の取引は一般の方には複雑な手続きが多く、どんな方でも手軽に利用できるサービスを提供したいと思い、すむたすを創業しました。 正式版リリース前の3ヶ月間ほど、不動産オーナー様より事前登録を募りましたが、当初想定を大きく超えた反響がありました。早く不動産を売却したいというニーズを持ったお客様がこれだけ多いことに驚きましたし、そういったお客様のサポートができていることをとても嬉しく感じています。 弊社はテクノロジーを用いた世の中には無かった新しいサービスを生み出しましたが、まだまだ足りない部分が多いと感じています。不動産業界には長年お客様の信頼を得てきた企業様が多いため、そういった企業様の姿勢を参考にし、協力しながら不動産業界をさらに進化させていければと考えています。iBuyerとは価格査定アルゴリズムを活用して売り手から直接物件を買い取り、その後転売するビジネスモデルのことです。「査定→販売開始→価格調整→内見→交渉→売却」という従来の煩雑な物件売却のプロセスを「査定→売却」と超シンプル化し、ユーザーを心理的・時間的ストレスから開放することを目的としています。)iBuyerモデルの先駆者は2014年創業のOpendoorです。その後、2015年創業のOfferpad.https://buy.offerpad.com/atlanta#?zoom:10?とKnock.https://www.knock.com/が続き、2018年4月にZillow.https://www.zillow.com/が参入を宣言しました。
by momotaro-sakura | 2018-10-10 12:13 | ぶらり東京散歩(近郊)