2018年 11月 01日 ( 2 )

e0009760_19203544.jpg

日本橋三越本店がリニューアルしました~
by momotaro-sakura | 2018-11-01 19:20 | ぶらり東京散歩(近郊)

備中松山城

e0009760_7543516.jpg

水谷氏は下館藩(4万7000石)~備中松山藩(5万石)に移封し、改修したお城が今でも残ってる~水谷 勝俊(みずのや かつとし)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。常陸国下館藩初代藩主。 天文11年(1542年)、水谷治持の次男として誕生。永禄9年(1566年)、兄・正村と共に結城晴朝に従って上杉謙信と戦った。永禄12年(1569年)、正村の隠居により家督を継いだ。 天正13年(1585年)には兄と共に下野国田野城を攻略して下野方面にも勢力を広げた。小田原征伐後、結城氏の与力大名となる。なお、この時、晴朝の養子に徳川家康の次男・秀康を迎える話が出た際には、正村と家康の間にかねて親交があった事から、勝俊が徳川氏との交渉に加わっている。文禄元年(1592年)からの文禄・慶長の役においては肥前国名護屋城に駐留した。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいては、皆川広照の従弟にあたるという経緯から東軍に与した。このとき、子・勝隆が西軍に人質として捕らえかけられている。戦後、下野において佐竹義宣を牽制した功績を賞されて所領を安堵され、秀康が越前国北ノ庄に転封されると正式な独立大名となった。代わりに甥・正慶が秀康に仕え、越前移封に従っている。 慶長11年(1606年)6月3日、死去。享年65。跡を長男・勝隆が継いだ。水谷正慶(みずたにまさよし)生没年:不詳/ 身分:越前松平家の家臣/ 官位(通称、号):織部  水谷勝慶の息子。常陸に生まれる。水谷氏は結城家の譜代の家臣で常陸下館城主。結城秀康が越前に移封される際、水谷家の家督を継いでいた叔父・勝俊が徳川宗家の家臣になったため、勝俊の代わりとして正慶が越前に行き秀康に仕える。大坂の陣では松平忠直に従って出陣した。水越氏(①徳川家などを輩出した現愛知県東部である三河の有名氏族は桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)三浦氏流がある。②ほか現石川県である加賀藩、現富山県である越中。③現宮城県北中部と岩手県南東部である陸前。④現大阪府北部と兵庫県の一部である摂津。⑤現東京都、埼玉県広域、神奈川県北部である武蔵。などにみられる。「水」は水のあるところを表す。)~筑西市およそ750人(同姓では全国1位)増渕氏(現福岡県の一部と大分県北部である豊前の豪族は中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)道兼流がある。近年、栃木県に多数みられる。)~およそ筑西市160人、およそ桜川市290人(同姓では全国2位)、宇都宮市およそ1,600人
by momotaro-sakura | 2018-11-01 07:54 | ブログ